2014年10月16日木曜日

FUSシンポジウムにおける発表

我々と共同研究をしている横浜市立大学附属 市民総合医療センターの福田浩之先生が肝がんのトラッキングシステムについて下記、ご発表され、海外の研究者より非常に好評だったとのご報告をいただきました。

Hiroyuki Fukuda, Nobutaka Doba, Kazushi Numata, Ayako Takeda, Yoshiharu Hao, Akito Nozaki, Masaaki Kondo, Makoto Chuma, Shin Maeda, Tatsuya Fujii, Dongjun Lee, Norihiro Koizumi, Hiroyuki Tsukihara, Mamoru Mitsuishi, Yoichiro Matsumoto, and Katsuaki Tanaka, "Respiratory Tracking System of Hepatocellular Carcinoma Treatment Using FUS," in Proc. of Focused Ultrasound 2014 - 4th International Symposium, 2014.10.12-16, Bethesda North Marriott Hotel and Conference Center, Washington D.C., USA.

2 件のコメント:

  1. 可能性が拡がるのは、たいへん結構ですね。

    返信削除
  2. いつもコメントまことにありがとうございます。
    福田浩之先生は日本で始めてHIFUによる肝がん治療をされた先生で、共同研究しているトラッキング手法を評価していただいており、感謝しております。また、海外のHIFU研究者ともつながりをもっておられ、とても心強い共同研究者です。

    返信削除