超高度に『医デジ化』された社会の実現

小泉 憲裕
(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授)

2020年6月25日木曜日

CARS2020における研究成果発表

 コンピュータ支援医療システムに関するトップカンファレンスである国際会議CARS2020(6月23-27日開催、ミュンヘン)において草原 健太さん、小林 賢人さん、矢ケ崎 詞穂さんらが合計3件の研究成果発表を行ないました。今回はコロナ禍の影響で現地の会場とわれわれのようなドイツ国外の参加者・発表者をオンラインでつないだハイブリッド形式での開催でした。時差の影響で夜中の1時ごろに開始のセッションでは、危うく眠りに落ちてしまいそうな睡魔に襲われながらの発表でした。いただきましたコメント・ご助言を今後の研究に展開してゆければと期待しております。

CARS2020:
https://www.cars2020.org/


K. Kusahara, N. Koizumi, Y. Nishiyama, T. Imaizumi, R. Saito, S. Yagasaki, N. Matsumoto, M. Ogawa, Classification of hepatic hemangiomas and blood vessels from ultrasonography by deep learning, 34th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2020),  Imaging Informatics – Segmentation, 20-00072.

 K. Kobayashi, N. Koizumi, Y. Sasaki, T. Kobayashi, Y. Watanabe, J. Zhou, A. Otsuka, Y. Nishiyama, H.Tsukihara, N. Matsumoto, H. Miyazaki, K. Numata, H. Nagaoka, T. Iwai, H. Iijima, Contact state adjustment method to enhance organ motion compensation performance for a bed-type ultrasound diagnostic and therapeutic robot , 34th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2020),  Robot-assisted Image-guided Therapy, 20-00071.

 S. Yagasaki, N. Koizumi, Y. Nishiyama, R. Kondo, T. Imaizumi, N. Matsumoto, M. Ogawa, K. Numata, Estimating 3-dimensional liver motion using deep learning and 2-dimensional ultrasound images, 34th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2020),  Imaging Informatics – Segmentation, 20-00070.