医学用語 v.s. 工学用語, 学術用語・英語表現,論文の書き方

医学用語 v.s. 工学用語

Language differences are often a bARrier(ベアリアと発音) to mutual understanding.
言語の違いが相互理解の障害になることがよくある

inter(/multi)dIsciplinary 学際的な、多分野間の
inter(/multi)dIsciplinary resEArch 学際的な研究.

世界共通語:
1. 英語
2. 数学言語
『f(p)はp(主語S:sUbject)はf(述語V:prEdicate)である』と読む。
f(p)<0 pはfの内部である
f(p)=0 pはfの境界(上)である
f(p)>0 pはfの外部である
f(p)=x^2+y^2-r^2

3. コンピュータ言語

Me-DigIT 医デジ化
Me-DigIT Impact (MDI) メディジット・インパクト: 医デジ化がもたらす社会的インパクト

Me-DigIT function 医デジ化関数
me-DigIT studio 医デジ化スタジオ

consIstently and comprehEnsively 一貫して包括的に

(コラム)
"Medical and Bio are New DigITals (Me-DigIT) !  "(元ネタはニコラス・ネグロポンテの"Bio is New Digital ! ")の時代が到来しつつある。医デジ化(Me-DigIT)の進展により,生物・医学・薬学が"デジタル・バイオロジー(Digital Biology)"ともいうべき全く新しいデジタル世界として生まれ変わりつつある。すでに,生物・医学・薬学系研究者が理工学(技術)を,理工学系研究者/技術者が生物・医学(技術)をそれぞれが互いの技術を取り込もうと必死になって勉強する時代に突入しつつあり,今後ますますこの傾向は加速するであろう。IT,とりわけロボット技術はその中核にある。

digitizationとdigitalization
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO23946840X21C17A1XY0000/
われわれが医デジ化において目指すのはもちろん調査会社のガートナーが提唱した後者のdigitalization(デジタライゼーション)である。単なるデジタル化であるdigitaization(デジタイゼーション)とは『社会にイノベーション(革新)をもたらす』という意味があらたに加わる点で一線を画する。

システム疾患生命科学:
生命機能システムの破綻の結果としての疾患・病態を科学的に捉えようとするモノの観方・考え方・捉え方・発想の仕方・世界観。
個別の疾患に対して個々に介入するのではなく、がん・生活習慣病を生体システムの破綻と捉え、その共通の基盤病態を解明し、そこに立脚した効果的・効率的・費用対効果の高い診断法・治療法を開発することをコンセプトとしている。
https://www.jst.go.jp/shincho/sentanyugo/base06/rAndD.html

(参考文献)
[1] 片岡一則, 位高啓史, 佐藤香枝, 小泉憲裕, 茂呂 徹, "医療ナノテクノロジー ―最先端医学とナノテクの融合―", ISBN978-4-903453-05-7, 杏林図書, 2007.10.15.

メカトロニクスは、昭和44年(1969年)に安川電機の技術者であった森徹郎によって出願された言葉で、機械工学(メカニクス、mechanics)と電子工学(エレクトロニクス、electronics)を合わせた和製英語である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%B9

ロボティクスはアイザック・アシモフが自著の一連のロボットが登場するSF小説のために、robotに物理学(physics)などに使われている語尾「-ics」を付けることで作った造語である。アシモフの小説内に出てくる「ロボット工学三原則」は、以降のロボット物SFに大きな影響を与えたのみならず、現実のロボット工学においても研究上の倫理的指標のひとつとなっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%B7%A5%E5%AD%A6

第一条
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E4%B8%89%E5%8E%9F%E5%89%87

Affordance: アフォーダンス

アフォーダンスとは知覚や行為を促(うなが)すものとして環境が内包している一種の力のことであり、環境の一部としてのモノ、ロボット、ならびに人間がアフォーダンスを高めてゆくことは生活のみならず医療の質の向上にも資する。
忙しい医療現場においては、“誰もが簡単・便利に扱える”経済的・時間的コストパフォーマンスに優れた医療機器が強く求められている。医療インフラとしての医療機器のデザインや動作が、その機器をどう扱ったらよいか?その機器が安全・安心で思いやりのあるものか?についての暗黙的なメッセージを医療専門家および患者に対して積極的に自ら発信、アフォーダンスを極限まで高めることで、医療機器の操作マニュアルは限りなく薄いものにしてゆくべきであろう。

Affordance is where the user knows what to click on.

spark joy ときめき

(コラム)『r』と『l』の発音
『r』は『ウォェッ』とゲロを吐くような感じで、『Europe』を『ユアラーッツプ』などと発音。『l』は舌先を口の天井の前部あたりから前歯の裏にかけて、あてこするような感じで、『luck』を『ラッキー』などと発音。

ソフトセンサ:
運動方程式を用いて制御に必要なシステムの状態量をモデル化することで、実センサが万一故障又はダウンしても、工程速度/途中結果等から未来予測・警告発信しようとするもの。

ステアリング(英語:stEEring:スティーアリングと発音): 乗り物の進行方向を任意に変えるためのかじ取り装置のこと。日本語の専門用語では「操舵装置」という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

DNAを構成しているヌクレオチドには、アデニン(Adenine)、チミン(Thymine、英語では「サイミン」と発音)、グアニン(Guanine)、シトシン(Cytosine、英語では「サイトスィン」と発音)がある。 これらの4つのヌクレオチドは略して「ATGC」と表記される。

nUcleotide: ヌクレオチド
ヌクレオシド(nUcleoside:ニュークリオサーイドと発音)にリン酸基が結合した物質である。 語源は“nucleo(核の)tide(結ばれた)”と言う意味であり、これをローマ字読みしたもの。 英語では「ニュークリオタイド」と発音。

生体内でのリン酸基の役割:
生体内において、リン酸基はとても重要な役割を果たしている。ATPやNADPHにおいては、リン酸基同士の無水結合は高エネルギーリン酸結合と呼ばれ、エネルギーを貯える重要な役割を担っている。また核酸中でもリン酸基を介したフォスフォジエステル結合がヌクレオチド分子同士を連結している。さらに、タンパク質の働きもリン酸基の有無によって調節される場合が多々あり、キナーゼやホスファターゼといった酵素の働きでコントロールされている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%9F%BA

定義と定理:

定義 一般的(統一、統合的)な概念を定める
定理 一般的(統一、統合的)な性質を示す

数学においては常に、最も広く、全体を通貫しうる一般的(統一、統合的)な概念や性質にハイライト(フォーカス)を当てることを吉(よし)とし、それを定義や定理として特別に書き下す。

Quod Erat Demonstrandum(Q.E.D. ) ラテン語で『かく示された』

Unitary(ユニタリー)一元管理可能な、統一(合)的に扱える

 (参考文献)
保江邦夫, 確率微分方程式―入門前夜―, 朝倉書店, 1999.

解析的=正則~微分可能
一般にある関数がある領域で正則であるとき、その関数を解析的であるとも、正則であるともいう。

(参考文献)
小野寺嘉孝, なっとくする複素関数, 講談社, 2000.

超越数(ちょうえつすう)transcendEntal number
超越する trAnscend

超限数(ちょうげんすう)transfInit number
『この集合には何個の要素があるか?』という概念を1対1対応の考え方を用いて無限集合にまで拡張したもの。実数の集合は非可算無限であり、可算無限である有理数や整数、自然数の集合と1対1しないことが知られている。カントール自身は超限数を無限大の意味で使用していた。

lEmma 補題(主張)
有名なものはthEOrem (定理)と呼ぶ
dilEmma ジレンマ(相対する2つの主張)
trilEmma (相対する3つの主張)

代数方程式の解ではない数。代数方程式の解である数を代数的数(algebrAic nUmber)という。
ネイピア数(Napier's constant)eや円周率(cIRcle rAtio)πは超越数であることがわかっている。

選択公理 Axiom of Choice

ドミノ倒しのように、これが倒れなくてはこれが倒れないという条件を認めてしまうとある瞬間に倒れているドミノと倒れていないドミノが混在するという状況を認めてしまうことになってしまう。このため、系が複雑化してしまい、統一・統合的で直観的に見通しの良いハンドリングが困難になる。

このような状況を避けたいがために選択公理においては『(あくまで)数学的現象として!』すべてのドミノが一斉に倒れるという簡単な状態をまずは議論の前提として要求(請)するのである。

すなわち、すべては簡単・便利にハンドリングしたいがために数学者が自由・自在に設定する(仮想的な!)前提条件なのである!(そのように考えるか考えないかはまさにあなた次第なのである!TPHO(TPO+Human)に応じて都合よく柔軟に捉えてみるのもオススメである!)

ここで数学的現象と物理的現象とは必ずしも一致しないことに留意されたい。これは感性と理性とが必ずしも一致しないことと同様である。

連続体仮説 Continuum hypothesis
1900年8月8日、パリで開催された国際数学者会議で、ヒルベルトによって提起されたかの有名な『23の問題』の1番目。実数(連続体)の濃度が可算無限集合のすぐ次の濃度であるというもの。

quOtient set 商集合

直和集合 direct sum set 互いに共通部分をもたない集合たちの和集合(union)
直積集合 direct product set

測度とは長さ(1次元)、面積(2次元)、体積(3次元)のことである。
内測度とは、、、
外測度とは、、、
内測度=外測度の場合に測度(長さ・面積・体積)が確定する。
直観(感)的には明らかではあるが、多角形や境界が有限個の点を除いてなめらかであれば測度(長さ・面積・体積)が確定する。

(参考文献)
[] 小澤登高,バナッハ=タルスキーのパラドックス
[] ジョルダン測度,
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E6%B8%AC%E5%BA%A6

等長変換:変位(写像)・回転(写像)・鏡映(写像)の組み合わせで表現可能

dixit Algorismi アル=フラーリズミーはこう言った。『Algorithm』の語源。

様相論理 
述語論理

proxImity End 近位端
dIstal tIp 遠位端

局所(性)
限局(性)
びまん性 広範囲に広がっている,限局していない。
工学的にいうと、リアプノフ安定性が低いということか、、、

heurIstic 発見的な

holIstic (局部ではなく)全身用の、全体論的な、全体の

tOpology 位相幾何学(トゥポーロジーと発音)

同相な写像、運動すなわち変位・変形・回転(平行移動・回転・裏返し・拡大・縮小)の範囲で合成できる変換を施しても保たれる図形的性質を研究する幾何学。

rIng 環(かん)。加法と乗法について閉じた代数的構造を有する集合。

群、環、体
http://zellij.hatenablog.com/entry/20121211/p1

Asymptotically 漸近的に

ARbitrary 任意の

rAtional nUmbers 有理数

n! n factORial nの階乗(ファクトーリアルと発音)

アル=ジャブル 完成。両辺に同じ数を足し合わせて方程式を単純化する。
アル=ムカーバ 釣り合わせる。方程式の一方の辺から他方の辺に移項する。

encrYpt the program プログラムを暗号化する

dynAmics 動力学,力学
stAtics 静力学
動力学と静力学の違いについては、動力学の式には慣性(・粘性・剛性)があらわれるが、静力学の式にはあらわれない。


に含まれているが に含まれていない元の集合(差集合),

運動器:骨、関節、筋肉、腱、神経などの総称
慢性疼痛:長引く痛み
動く喜び、動ける幸せ(運動器の10年、日本協会の標語)

(参考文献)
http://blsc-uec.net/wpblsc/wp-content/uploads/KawasakiForHP-BLSCseminar.pdf

ergonOmics 人間工学

cannUla カニューレ(『かにゅーら』と発音):生体の心臓,血管,気管,または切り口,傷口など管状の部分に挿入する,やや太めの管をいう。体液の吸引や薬液の注入などに用いる。

励磁: コイルに電流を流して磁束を発生させること

ε-N論法:数列の極限についての論法
ε-δ論法:関数の極限についての論法

数学における作用素(Operator) 写像、函数、変換などの一般化
同じものを物理学の分野、特に量子力学などでは演算子(えんざんし)と呼ぶ

homogEneous transformAtion 同次(=斉次:せいじ)変換

同次(斉次:せいじ)とは:
関数(変換)の性質。ある関数の入力変数の値をN倍したときに、
その関数の出力変数がN^k倍になればk次同次(斉次)関数(変換)と呼ぶ。
k=1の場合には、単に同次(斉次)という。

斉次(=同次:どうじ): せいじ。数学では、斉藤さん以外では『斉(さい)』の字は『さい』とは読まないと覚える。数学の斉藤さんとしては、齋藤正彦先生が有名。私も学部時代に齋藤先生の本(ベストセラー)で線型代数を勉強した。実際に講義で教わったのは『シュレディンガー方程式の長距離型散乱理論の完全性の証明』で著名な北田均先生。われわれのクラス(94年入学、理I22組)では親しみをこめて先生のことをジョルダン(シュレディンガー)北(ペイ)先生と呼んでいた。愛読書のひとつで今でも良くこの本を開いている。線型代数を骨格、根幹に据えて、その豊かな拡がりを感じさせてくれる名著といえよう。

(参考文献)
齋藤正彦, 線型代数入門, 東京大学出版会.
https://www.amazon.co.jp/%E7%B7%9A%E5%9E%8B%E4%BB%A3%E6%95%B0%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E6%95%B0%E5%AD%A61-%E9%BD%8B%E8%97%A4-%E6%AD%A3%E5%BD%A6/dp/4130620010

pOlynomial 多項式

ワイエルシュトラスの多項式近似定理:
閉区間上の任意の連続関数は多項式関数の列により一様近似される。

畳み込み積分 引数(関数に渡す値)の和が一定となるような関数の値をかけて積分する。深層学習(ニューラルネットワーク)にも畳み込みの処理が随所に用いられている。

具体的にt日目に受けた(何がしかの)衝撃(impact)をf(t)であらわし、衝撃(impact)を受けてから経過した日数(τ-t)に応じて減少するもののまだ残っている衝撃の割合を減少関数g(τ-t)としてあらわし、これらを掛け合わせたものを積分することで、ある期間に受けた(何がしかの)衝撃(impact)の総和を積分形で表現することができる。
http://www.yukisako.xyz/entry/tatamikomi

合同変換、相似変換、射影変換、アフィン変換
図で直観的に理解するのが吉(よし)
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6f/15/1575ec8a8235611883e451ec437f7874.jpg

歪(わい)対称行列 (skew symmetric matrix)
反対称行列 (antisymmetric matrix)
交代行列 (alternative matrix)
はすべて同義である。

ギガ、テラ、ペタ、エクサ、ゼタ、ヨタ
ナノ、ピコ、フェムト、アト、ゼプト、ヨクト
http://www.asahi.com/science/gallery_e/view_photo_science_intro.html?intro-pg/TKY201203070427.jpg

情報量の単位:
B: Byte
b: Bit

通信速度の単位:
B/s: Bytes per second
bps: bits per second

処理速度:
MIPS: Million Instructions Per Second
FLOPS: FLoating point Operations Per Second
1秒間に浮動小数点数演算が何回できるか? 数値の大きさだけでなく、理論的に算出された値の何%で実際にプログラムが動作するかも重要である。

浮動小数点演算:
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc21/special/gosa/eg4.shtml
http://www-ise2.ist.osaka-u.ac.jp/~katou/pdf/p197.pdf

idEntifier 識別子

そのほか:
Hz: Hertz
rpm: revolutions per minute
pixel: picture element
dpi: dot per inch
fps: frames per second

CAN: Cotroller Area Network

 Electromagnetic Compatibility 電磁環境両立性
 ノイズ対策ではこのEMCすなわち電磁環境両立性という考え方が基本になる。このためノイズ対策とEMC対策はしばしば同義として扱わる。
 https://www.techno-kitagawa.com/techinfo/tech/emc.html

振動数と周波数は同義で、単位時間あたりのサイクル数[Hz](あるいは[1/s])をあらわす。一般的に機械・音響分野では振動数、電気・通信分野では周波数が慣用される。角振動数、角周波数も上記と同様の分野による使い分けがあり、それぞれ振動数、周波数に2pi[rad]をかけたものをあらわし、単位は[rad/s]である。

Degrees of freedom 自由度:
運動を記述するのに使う変数の数からその変数の間に存在する独立な拘束条件の数を引いたもの。

オイラーのこま 慣性モーメントのうち、2つが等しい物体

x to the third power xの3乗

resp. respEctively(リスペクティブリィと発音)の略。「それぞれ」の意味。
数学では定義を簡素に表現する為に用いられる事がある。
例:ここでa (resp. b, c)は正の数(resp. 負の数、純虚数)である。
→「a は正の数であり、bは負の数であり、c は純虚数である」の意。

モード値=最頻値

期待値:
実現可能性の大小を考慮した確率変数の実現値の予測

商集合(S/~):
集合Sのなかで互いに同値関係(~)にある要素を同一の要素だとみなした場合の集合のイメージ。われわれが汎用的にいうところの『集合』とは、この『商集合』のことを指す場合が多い。

(参考文献)
保江邦夫, 確率微分方程式―入門前夜―, 朝倉書店, 1999.
http://www.wikiwand.com/ja/%E9%9B%86%E5%90%88

complemEntary set 補集合

genEric 汎用の

scrUtiny 精密な調査,じろじろみること,投票再検査
cUrator 館長,主事
Uniformly contInuous 一様連続

mAximal 最大の、極大の
mInimal 最小の、極小の、極微の

canOnical fORm 正準形≒標準形

dOminant 支配的な
detERminant 決定的な

Asymptotically 漸近的に

角周波数(角振動数、円振動数)は力学や電気工学において回転速度を表すスカラー量。 角周波数はベクトル量である角速度の大きさにあたる。

robUst ロバスト性、頑健性、堅牢性

Encrypted Control 暗号化制御(小木曽公尚先生が提唱者でパイオニア)

RSA cIpher RSA暗号(サイファーと発音)

ハインリッヒの法則(Heinrich's law)
労働災害における経験則の一つ。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

「安全キャビネット」と「クリーンベンチ」

安全キャビネットは、バイオハザードを封じ込め、安全な作業環境を実現する設備です。病原体や遺伝子組み換え生物などのバイオハザードを取り扱う大学や研究所、医療機関の検査室などに設置が義務付けられています。クリーンベンチと似ていますが、安全キャビネットは内部の試料の漏洩防止のために内部を低圧に保ち、またフィルターを通して清浄化した空気を排出しています。一方、クリーンベンチは、装置外からの異物の混入を防ぐために内部の気圧を高く(陽圧)しています。装置にもよりますが、安全キャビネットと違い、排気口での空気の浄化は行われません。
http://www.airtech.co.jp/products/cleanbench/
http://www.hitachi-ies.co.jp/products/cleanair/class.htm

anthropomORphic phantom 擬人化されたファントム

Stiffness Variable Tissue Phantom (SVTP)

hEmo-dynAmic mOnitor 血行動態モニタ ヒーモゥダイナァミックと発音

prognOsis 予後(プログノーシスと発音)

percutAneous nEEdle insERtion 経皮的針挿入
chrOnic Illness 慢性疾患

endocrinOlogy 内分泌学
hemodynamic effect 血行動力学作用

ventilAtion 換気
congEstive hEArt fAIlure うっ血性心不全

atrEsia 閉鎖症、閉鎖 [アトリージャ]

anOmalies 変則、変態、例外

patholOgical 病理学上の、病理的な、病的な
inflAmmatory reaction (response) 炎症反応(インフラァメトリ)

intraOperative 術中の
wARd 病棟,共同病室

sphEnoid sInus 蝶形骨洞(スフィノイド サァィナース)

vERtebral pEdicle scrEW 脊椎茎ネジ

hyperplAsia 過形成、肥大化、肥厚化
過剰な細胞分裂によって起こる組織の肥大化。

stIff 死後硬直のはじまった、硬い、硬直した

nAsal 鼻の、鼻声の、鼻にかかる

colorEctal cAncer 大腸がん

oesOphageal 食道の [アッソウファジール]
esOphagus 食道 [エソウファガース]

sAline 生理食塩水 [セイリン]

Transarterial chemoembolization(TACE) 肝動脈化学塞栓(そくせん)療法
https://ganjoho.jp/public/cancer/liver/treatment.html

リキッドバイオプシー(liquid biopsy)
主にがんの領域で、内視鏡や針を使って腫瘍組織を採取する従来の生検(biopsy)に代えて、血液などの体液サンプルを使って診断や治療効果予測を行う技術。患者の負担が小さく、しかも腫瘍の遺伝子(ゲノム)情報を踏まえた適切な治療につながる手法として近年、世界中で研究開発が進められている。
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/word/15/327920/011800007/?ST=health

dUra mAter 硬膜(デューラ メーターと発音)
splEEn 脾臓
sYmptom(s) 病気の症状,兆候,兆し
atherosclerOsis アテローム性動脈硬化 [アッセロウスクラロウシス]
concUssion 脳震盪
dehiscence 縫合不全,裂開
mitral regurgitation 僧帽弁閉鎖不全
annuloplAsty ring 弁輪形成用リング
Annuloplasty 輪状成形術
Annulus 環形,弁膜mItral valve 僧坊弁

誤嚥(ごえん) 食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと.
嗄声(させい) かすれ声
臍部(さいぶ) へその部分
ホメオスターシス 生体におけるさまざまなフィードバック制御機構
肋間 肋骨と肋骨の間
鼠蹊部/鼡径部(そけいぶ) 左右の大腿部の付け根にある溝の内側にある下腹部の三角形状の部分。

fAcet 椎間関節、(歯の)かみあわせ面(咬合面)

Adenoma 腺腫

灌流 Perfusion
組織拡散 Diffusion
一般に灌流(Perfusion)とは,組織の毛細血管あるいはそれに準ずる機能血管系の血流を表わす医学用語で,必ずしも厳密な定義はない. この点,しばしば対比される組織拡散(Diffusion)が物理学で定義される用語であることにおいて異なっている.

artIculate: 〈骨を〉〔…と〕関節でつなぐ 〔to,with〕.
The tIbia is artIculated to the fEmur.
脛骨は大腿骨と関節で結ばれている.

tIbia 脛(けい)骨
fEmur 大腿部,もも
hUman tORso 人間の胴

下大静脈(かだいじょうみゃく、inferior vena cava(IVC))

cALf mUscle ふくらはぎの筋肉

mortAlity 死亡率

physIque 体形
Visceral fat distance (VFD) was measured between the peritoneum and the lumber spine.

To investigate whether the ratio of visceral fat area (VFA) to subcutaneous fat area (SFA; V/S ratio) could be predictive of cardiovascular disease (CVD) as compared with VFA or SFA in patients with diabetes.
内臓脂肪と皮下脂肪面積の比率

Abdominal obesity, especially the increase of visceral adipose tissue (VAT), is closely associated with increased mortality related to cardiovascular disease, diabetes, and fatty liver disease.
腹部肥満、特に内臓脂肪組織(VAT)の増加は、心血管疾患、糖尿病、および脂肪肝疾患に関連する死亡率の増加と密接に関連している。

peritoneum 腹膜
lumber spine 脊椎(せきつい):
一般的に背骨といわれている部分を指す。動物の身体を重力から支える役割を持っている。

thrombOlysis enhAncer 血栓溶解促進剤

occlUsion thErapy 遮閉療法

worn out 使い古した,擦り切れた,古くさい

圧排:臓器が圧迫されて押しのけられること。腫瘍が増大すると周辺臓器を圧迫し、そのため腹痛、嘔気、嘔吐、便秘、排尿障害などの症状があらわれる。圧排のダイナミクスの記述も(不謹慎だが)興味深いテーマ、、、

rEspiratory trAct 気道,呼吸道

advanced medical treatment 先進医療

HOMA-IR 空腹時の血中インスリン濃度
HbA1c グリコヘモグロビンのうち、糖尿病と密接な関係を示すもの

botulInum tOxin ボツリヌス(バチュラァイナムと発音)毒素

anAesthetized 麻酔下の
arrhYthmia 不整脈

concUssuin 脳震盪(のうしんとう)
infARction 梗塞
stenOsis of the urEter 尿管の狹窄症
epigastrium 上腹部,みぞおち
artErial Aneurysm 嚢状動脈瘤

Uterine adenomyOsis 子宮腺筋症
brEAst fibroadenOma 乳房線維腫

nOdule 結節
rEtrospective 後ろ向きな,回顧的な,遡及的な

cyto- (接頭語として) 細胞
cytotOxic 細胞傷害性

autophAgy 細胞が持つ自食作用。オートフェイジィと発音。
auto-はギリシャ語の「自分自身」を表す接頭語、phagyは「食べること」の意。

diabEtes mEllitus 糖尿病
clOt 血栓、かたまり
thrOmbus 血栓
lIpid 脂質
kIdney malfUnctioning 腎不全

transcrIption 転写
mammAlian 哺乳類の

regIme 治療(のための体系的)計画

scAlp 頭皮
chrOnic pAIn 慢性痛

knEAd もむ,あんまする
electroencEphalogram 脳波図

carOtid 頚動脈

cAUdal 尾部の,尾状の
crAnial 頭蓋の

prOne うつぶせになった
supIne あおむけになった

cedAtion 鎮静
analgEsia 鎮痛

Ulcer 潰瘍
cAnthi 眼角
pUpil 瞳孔の,瞳の
intervEntion 介入治療,処置
prOstate gland 前立腺
endorectal ultrasound 直腸内超音波内視鏡検査
brachytherapy 小線源治療
bIopsy 生検,生体組織検査
percutAneous 経皮の

rEtrospective レトロスペクティブに,後ろ向きに,過去にさかのぼって

prescrIption 処方箋

lImb 手足,四肢
intAct 損傷のない,無傷の
DFA 深大腿動脈
SFA 浅大腿動脈

fEmoral 大腿骨の
recUmbent 横臥位の,横になった
dORsal 背面の,背側の
occlUde 隙間,通路をふさぐ
endothErial 内皮性の

intEstine 腸管
gastrointEstinal trAct, digEstive trAct 消化管
cArtilage 軟骨

a pAlliative mEdicine 苦痛一時緩和剤
hYpertension 高血圧
rIb cAge 胸郭
transcrAnical 経頭蓋

アテローム性動脈硬化[編集] アテローム性動脈硬化(Atherosclerosis)とは、動脈の内側に粥状(アテローム性)の隆起(プラーク)が発生する状態。

genericとgeneralの違い
This -- is generic. Sounds like it is the same as a lot of other -- of this type. Not special or distinctive.

This -- is general. It doesn't give a lot of details.

剖検 病理解剖

craniOtomy 開頭
endothElial cell 内皮細胞
cArtilage 軟骨
inflammAtion 炎症
pulsAtion 拍動,脈動

hepAtitis 肝炎

dysfUnctional 機能障害の
focal lesion 病巣,巣状病変,限局性病変
cancerous lesionよりfocal lesionのほうが一般的

Aneurysm 動脈瘤
oncOlogy 腫瘍学
intrActable 不治の,手に負えない

hepAtic vEIn 肝静脈(ヘパティック ベインと発音)

thorAcic 胸部の

Brain death is defined as the human death.

心臓移植へのブリッジとしての補助人工心臓

人工心臓と再生医療は車の両輪

超音波プローブ操作法による画像の最適化
Pressure: プローブ面の適度な圧迫
Sliding: 平行移動による調節
Tilting, スキャン操作、あおり操作: 傾斜による調節
Rotating, ねじり回転: 回旋運動による調節
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/33/4/33_645/_pdf

hyperechoic 高エコー性: 反射がつよく超音波画像上で明るく描出される状態
hypoechoic 低エコー性: 反射がよわく超音波画像上で暗く描出される状態

microscOpic 顕微鏡の
endoscOpic 内視鏡の

mIcroscope 顕微鏡
Endoscope 内視鏡


Sirtuine サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる。 サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュイン(英語:Sirtuin)はヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられている。

ムンテラ 患者およびその家族への病状説明.
ムンテラは、ドイツ語でムント・テラピー:mundtherapie,英語に置き換えるとマウス・セラピー,口で治療することを意味する.
biOmetry 生体測定学
fetal growth 胎児発育
the carotid arteries 頸動脈
subcutaneous 皮下の
cytotoxicity 細胞毒性
colon cancer 結腸がん
conjugate 結合させる
metAstasis 転移
endothelium 内膜組織
hypoxic 低酸素の

瀉血(しゃけつ) 治療の目的で患者から血を一定量取り除くこと。高血圧・脚気(かっけ)衝心などの場合に行う。

trAUma 外傷,精神的外傷
advERse effEct 副作用

白衣
ケーシーは元々床屋の制服
ごしごし洗えるスクラブ
http://www.whtcotscb.com/knowledge/type.html

tomOgraphy 断層撮影法
predict the deflection of a needle

symbiOsis 共生,共存,共同生活
convEx 凸面
concAve 凹面

annEAling 焼きなまし
tensile strength 引張強度

ボールねじによる送り速度:
リード(通常の1条ねじではピッチに等しい)と回転数の積で与えられる
ピッチ:ボールねじのとなりあう溝と溝のあいだの距離


frEE-whEEling フリー・ホィーリング(自由転輪機構)、自由奔放に動きまわる

cUlminate 最高点に達する
uncAnny 神秘的な、薄気味悪い、超自然な

ontOlogy 存在論

yIEld もたらす,産する,与える
This finally yIElds a proof of Fertmat's Last Theorem.

in the cOntext of -- --という面(文脈)においては
affORd 与える
grOOve 溝
frActure 骨折,挫傷

concAve 凹面の

Axiom 公理
pOstulate 公準
propOsition 命題

median 中央値
clOg おもり木,下駄,木靴
bUr 砥石,いが,付着物

正規化相関係数
2つのベクトルのなす角度のコサイン(内積)
コサインは0ーpiで単調減少する関数
ベクトルは,たとえばテクスチャなどの画像パターンをあらわす

密封小線源治療
brachytherapy

光線力学療法
Photo-Dynamic Therapy (PDT)

音響力学療法
Sono-Dynamic Therapy (SDT)

protocol manual

skin incision 皮切(皮膚切開)
carcInogen 発がん物質

hepatic failure 肝不全
fps: flame per second 1秒間に取得する画像枚数

metAstasis がんなどの転移
diAphragm 横隔膜

ventriculostomy 脳室フィステル形成術
otolOgic 耳科の
cOchlear 渦巻管

Ureter 尿管(ユーレター)

endoscOpic surgery 内視鏡手術

needle biopsy 針生検

inertia 慣性

Evidence Based Medicine
科学的根拠(Evidence)にもとづいた医療
治療の安全性と有効性について臨床研究や疫学研究にもとづく確証的なデータがある場合『エビデンスがある』という.エビデンスの高さにもとづいて治療法を分類・整理し推奨度を定める.

疼痛 痛み

sagittal
axial
colonal

CTの断面のことを専門用語で「MPR像」といいます。MPRとは「multi-planar reconstruction, multi planar reconstruction (滅多に言わないがmulti planar reformat)」の略で、日本語では「多断面再構成像(任意断面表示)」と訳されます。「再構成された多くの断面」を意味した言葉です。
 医科領域で用いられる基本的なMPR像は3つあり、体に水平な「体軸断面(アキシャル断面, axial 断面):図1」、縦切りの「矢状断面(サジタル断面, sagittal 断面):図2」、横切りの「冠状断面(コロナル断面, coronal 断面):図3(「歯科では前頭断面」ということも多い)」の3つの断面です。
http://www.ct-tekijyuku.net/basic/evolution/evolution003.html

工学系でよく使う,ロール・ピッチ・ヨーのノリに近い表現,,,
実際に人間の体軸を飛行機の長軸に,人間の腕を飛行機の翼に対応させて考えるとsagitalとroleの回転面, axialとpitchの回転面, colonalとyawの回転面が対応していることも興味深い,,,

心拍動 心臓が繰り返す,周期的な収縮と弛緩による運動。
脈動 表面には現れないが、脈が打つように絶えず力強く動いていること。また、その動き。

transをXで略したり,母音を略したりすることがある.transmitter->Xmtr

prOstate cancer 前立腺がん
Uterine fIbroid 子宮筋腫(ユーテリン ファイブロイド)
palpitAtion 鼓動・動悸・ときめき
Uptake とりこみ,摂取
spInal cORd 脊髄

Epidural 硬膜外の
having to do with the space between the wall of the spinal canal and the covering of the spinal cord. an epidural injection is given into this space.
脊柱管の壁と脊髄の被膜との間にある隙間に関係する、の意味。硬膜外注射では、この間隙の中に液体が注入される。

neurodegenerAtive disEAse 神経変性疾患

骨を除く筋肉や脂肪などの組織の総称
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%9F%E9%83%A8%E7%B5%84%E7%B9%94

骨細胞の壊死:50℃

○○に対し十分に剛性(ヤング率)が高いため剛体とみなした.

pts patients

mAmmary glAnd 乳腺(メエァマリーグラァーンドと発音)

lumpEctomy (乳腺)腫瘤摘出術

blAdder 膀胱の

transcutAneous 経皮のextravasAtion 溢血,血管外遊出

denaturAtion 変性 sterIlity 無菌性 intrActable 治りにくい chrOnic 慢性の

spinal cord 脊髄

頭蓋底から腰まで通る柱状の神経組織。3層の保護膜に包まれ、さらに脊椎(背骨)内部に納まっている。脊髄と脳が中枢神経系を構成し、脳から体へ送られる情報のほとんどは脊髄神経が伝達する。

fEtal 胎児の

trachEA 気管

hyperparathyroidism 副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)

副甲状腺(甲状腺上にある4つの豆粒大の器官)が副甲状腺ホルモンを多く生産し過ぎる状態。骨からのカルシウムの喪失と血中カルシウム濃度の上昇が起こる。症状としては、骨の痛みと腎機能の問題がある。

sOft tIssue 軟部組織
ontOlogy オントロジー、概念体系、存在論、実体論
pale-ontOlogist 古生物学者
kinemAtics 運動学

restOrative 気付け薬

lAparoscope 腹腔鏡
laparOscopic 腹腔鏡の

pedIatrics 小児科学

hematOlogy 血液学

hEmiplegic 片麻痺の

physiolOgical sIgnal 生理学的信号

拘縮(こうしゅく) 関節がスムーズに動かなくなること.癒着、皮膚が伸びなくなるなど,さまざまな原因で起こる.

 Parkinson's disEAse パーキンソン病

spastIcity 痙(けい)性:麻痺に伴う副作用で、軽度の筋硬直から、重度の脚部運動制御不能まで、各種の痙性がある。

innervAtion zOne 神経支配ゾーン

タンパク質:タンパク質(蛋白質,たんぱくしつ,独,英: ProtEIn)とは,20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり,生物の重要な構成成分のひとつである.生命現象を支える機能素子であるタンパク質は,合成と分解を繰り返しており,このサイクルの破綻は様々な疾病を引き起こす.

TITLE MUST BE UPPER CASE タイトルは大文字でなければならない

Fast and accurate 簡便かつ精確な
簡便・迅速・高感度・高精度・コンパクト

靱性(じんせい、toughness)とは、物質の脆性破壊に対する抵抗の程度、あるいはき裂による強度低下に対する抵抗の程度のこと。端的には破壊に対する感受性や抵抗を意味する。

暗黙知 tacit knowledge, implicit knowledge
形式知 explicit knowledge

constrAint condItion 拘束条件
parallElogram mEchanism 平行四辺形機構

Intersection-over-Union(IoU) 物体認識の分野で領域の一致具合を評価する手法

ultrasound is a skill-intensive and operator-dependent modality.
超音波はスキル集約的でオペレータ依存のモダリティです

○○ that comply with -- --に準拠した(則った、従う)○○

parEnthesis, parEntheses 括弧(パーレンシシス、パーレンシシーズと発音)

tAngible 実体のある、有形の
mAlpractice 医療過誤
cORdial 心のこもった(コージャルと発音)
rAId 襲撃(レイドと発音)
dEfeat 敗北
cORpse 死体
dellUsional 妄想
dEcent resUlt まともな(きちんとした、適切な)結果

Exercise 演習
wEdge くさび
fAthom 推測(ファザムと発音)
mUtinous spIrit 反抗的な精神、謀反気(ミューティナスと発音)
predIcament 苦境
expedItion 遠征
true strength 本領
quid pro quo 見返り条件(クイッド プロ クウォーゥと発音)
greenhOUse effEct 温室効果
somAtosensory 体性感覚の
hallUcinate 幻覚を起こす(ハルーシネイトと発音)
prosthEsis 義足・義歯・人工骨
補装具(ほそうぐ)とは、身体障害者が装着することにより、失われた身体の一部、あるいは機能を補完するものの総称。具体的には、義肢・装具・車椅子が有名。肢装具・杖・義眼・補聴器もこれにあたる。
lAser sIntering レーザ焼結
antEnna アンテナ
Odour 匂い(オウダァーと発音)
intAct wIng 無傷の翼
wrap up meeting まとめの会議
fURcate 分岐する、2つに分かれる
disrUpt 分裂させる、混乱させる
terramechanics 大地と機械の相互作用を扱う学問分野
morphOlogy 形態学
rEIgn Over the cOuntry 国を治める (レインと発音)
explOIt 開発する、開拓する(イクスプローイトと発音)
--- will be clarified and tested. 明らかにされ、検証される。
expertIse 専門知識(エクスパティーズと発音)
hOllow cylInder 中空円筒
percUssion 打撃、衝撃、転じて打楽器
distInction 区別、識別
hElm 実権を握る、舵を取る ~stEEr
mOtorize 機(電)動化する
tUmble 回転する
crUmble 崩れる、崩壊する
irAn イラン 地図上の形が(pERsian ペルシア:パージアンと発音)猫に見える。猫のお腹に当たる部分が古代ペルシアがあったパールサ地方(現代イランでファールス地方にあたる)。
ovERt あからさまな、明白な
fUlcrum pOInt 支点
cUmulative 累積的な
cOmpromise 妥協する
empIrically 経験的に
Details will be provided in due course. 詳細についてはまもなくお知らせします。
per se = itself、それ自体
visuo-tactile 視-触覚の
sOlitude 孤独
allegOrical 寓話の、寓話的な
beanstALk 豆の木
prestIge 威信
attIre 服装
cUlinary 料理
mAsquerAde 仮面舞踏会
cOmrade 同志(コォムラァード)
rebEllion 反乱
wAning crEsent Moon かけつつある三日月
trOve of の宝庫
revOlting 反乱
benEvolent 慈善
hEAdliner 花形スター、立役者
blUnder 失敗
pAlpitation 動悸
facAde 前面、正面、外観(フェサード)
vAnity 虚栄心
engUlf 包み込む
lEvitation 浮上
empIrical mOdel 経験的モデル
tORtuous 曲がりくねった
pOrous matErial 多孔質(ポウラス)材料
defEctive 欠陥のある
ARduous 困難な
Extracurricular activities 課外活動
intertwINed 絡み合った、織り込まれた
Simultaneous Localization and Mapping SLAM
tORtuous 曲がりくねった
lARvae 幼虫
cORpus 集積、集大成、全集
rEtroreflective 再帰反射
profIciency 熟練
Obviate 未然に防ぐ
relEntless 執拗(しつよう)な
balk at -- ~に尻込みする、~にためらう、~に二の足を踏む
plOWshare 鋤(すき)の刃
blIss 至福
dismAntle 解体する
porcIne ブタ
tEther 綱、鎖
relIEf 救済
innAte tAlent もって生まれた天賦の才能
a flUrry of snow にわか雪(フラァァリー)
a flUrry of wind 疾風
indis-crIminately 見境なく、無差別に
cAvern 岩屋
collAborative wORk 共同作業(コラァボラァティブ・ワーク)
consOlidated communicAtions 統合コミュニケーション
bEnefactor 恩人
Indept 裕福な
infERnal 地獄の
unprEcedented 前例のない、未曽有の
prAgmatism 実利、実用、現実主義
snEAky 卑劣な、狡猾な
dEficit 不足、赤字
iron those out それらを溶かす
thAW out 解ける、温まる
(o)edEma むくみ、浮腫(ふしゅ)
drain the battery 電源(から電流)を流出させる
stIpulate 規定する
Enquiry お問い合わせ
logIstics 物流管理
concEssions 譲歩
vIndicate A Aに対する非難が不当であることを証明する。Aに対する嫌疑を晴らす。
Eclipse 日食・月食
drOWn out かき消す
Agile 敏捷
sEIsmic 自身の
dilUtion 希釈
cARdinal きわめて重要な、基本的な、主要な
elUcidate 説明する、明らかにする、解明する
relative to - -に関連して、-に対して、-に比べて
alIgn A with B AとBを協調、同調、一致させる
survEIllance 見張り、監視、監督
vAgabond 放浪者、ごろつき、やくざ
rebEllion 反乱、暴動
dUplex 複式の、2重の
sAlient 顕著な、目立った
dElve into 探索する、詮索する
newfAngled 最新式の,はやりの,流行の
cUmbersome 扱いづらい
Aggravate 悪化させる、怒らせる、悩ませる
jERk けいれん、ぐいっと引くこと、まぬけ
Insolent 生意気な、横柄な、無礼な
Usher in へ先導する、案内する
Exodus 出国、外出、退去
rIde 乗り物旅行
tUmble 宙返りをする、つまづく、転ぶ
rEd lEtter dAy 祝祭日
stIck 突き通す、固執する、こつこつやる
ventrIloquy 腹話術、八人芸
flUrry 疾風、ろうばい、少波乱
hUnch 直感、予感、虫の知らせ
Errand 使い走り、使い [エランド]
Orifice (傷などの)開口部 [オルフィス]
bOnfire キャンプファイアー、大かがり火、焚き火
kIndle 火をつける、燃やす、輝かせる
kIndling 焚(た)きつけ、発火剤、点火剤
bOmnb shEll 砲弾、砲撃
wARd Off 砲撃を避ける、さける、よける
intErrogate 尋問する [インテラゲート]
bAIt 釣りの餌、誘惑、おびきよせるもの [ベイト]
glOw 白熱する、光り輝く、紅潮する
hUn フン族、野蛮人、文化の破壊者
tIme to spARe 時間の余裕
prOvidence 神、天帝、お天道(てんと)様
rEtainer 家臣、家来、召し使い
pOise 釣り合う、バランスをとる、空を舞う
Agile 機敏な、すばしっこい
hEir 跡取り、跡目、後継者 [エアー]
revelAtion 天啓、啓示、暴露
reinfORce 補強する、強化する、増強する
reinfORcement 増援、艦隊、補強
benEvolence 慈悲、博愛、善行
omIssion 省略、脱落、手抜かり
surrOgate 代理人
rAlly 呼び集める、結集する、陣容を整える
slOppy ずさんな
slOp  うっかりこぼす、よごす、残飯をやる
sOber 酔いをさまさせる
give away 贈る、与える、譲る
solicitAtion 勧誘
dissOlve 解散する、分解する、溶解する
sEttlement 居留、定住
cOllude 結託する、共謀する、談合する
vEto 拒否(権)、厳禁
bEnign 温和な
prOmpt 促す、引き起こす、刺激する
Abstain 棄権する、禁酒する、控える
plUnder 略奪する、奪う、盗む
rAid 急襲する、空襲する
spEw 吐く、ぶちまける、吹き出す
hEnchman 信頼できる部下、子分、取り巻き、(pl.)hEnchmans
Imbecile 低脳な、愚鈍な、大馬鹿な
vocAtional educAtion 職業教育
Extraterrestrial 地球圏外の、地球外の生物、宇宙人
elOngate 引き延ばす、延長する
yARn より糸、あみ糸、紡績糸
tAUt ぴんと張った、緊張した
stEncil 型板
elAstomer エラストマー、ゴム、弾性体
elongAtion 伸張、延長、伸び
concEssion 譲歩、容認
dIstal 末端、抹消、遠位(端)
tEther テザー(つなぎ縄、つなぎ鎖、つなぎ鋼)
exhAUstive 徹底的な、余すところのない
raccOOn アライグマ
raccOOn dOg たぬき
delEctable たのしい、おいしい、快い
exEmpt 免除する
cOgnitive 認識の、認知の
cOgnitive psychOlogy 認知心理学
cOgnitive scIence 認知科学
terrAin 地域、地勢、地形
stAgnation 衰退
debIlitating 衰弱させる
grUEling へとへとに疲れさせる、厳しい
solIcit 懇願する、せがむ、勧誘する
disrUpt 崩壊させる、粉砕する、分裂させる
vERsatile 多才・多芸の、多方面にわたる、多目的に使用できる
intrInsic 固有の、本質的な、本来備わっている
annOY いらだたせる、悩ませる、困らせる
pERsecute 迫害する、虐げる、虐待する
trIckle dOWn 通過浸透説の、滴り落ちる、ポタポタ落ちる
sUE 告訴する、訴える
coalItion 連合、連立、提携
stIff 堅苦しい、けちな、チップを払わない
morphOlogy 形態学
respOnse 応答(アクセントに注意!!!)
rUgged でこぼこの、起伏の多い、ごつい、いかつい、いかめしい
sUction 吸引
Advocate 唱道する、唱道者
unencUmbered 係累のない、責任のない、気楽な
dedicAted 一身をささげた、打ち込んだ
solIcit 懇願する、せがむ、声をかける
be in a predIcament 苦境にある
pOAcher 密猟者、密漁者、侵入者
thwARt 妨害する、邪魔する、反対する
dIcipline 修練法、戒律、規律
bridge head 橋頭堡
trUncate 頭を切る,切り縮める
camera platform 雲台(うんだい)
spOOf ペテン、なりすまし、パロディ
frAUd 詐欺、欺瞞、ペテン
sUbject to を条件として、を仮定して
rEplicate 模写する,レプリカをつくる,を折り曲げ返す
reflActive 屈折する,屈折による
surpAss 上回る,優る,凌ぐ
reimbURsement 払い戻し,返済,償還
dIstal 抹消の,末端の
fORge 案出する,鍛練する,偽造する
anthropomORphic 擬人化の,擬人的な,人型の
refUte 論駁する,論破する,やりこめる
Impudent 厚かましい,恥知らずの
petItion 請願,嘆願,申請
pIt 穴,くぼみ,(自動車レース場の)修理場
revERberant 反響する,鳴り響く
halAtion 強い光が当たったところがぼやけること,画像の白飛び,ハレーション
conformAtion 適合,一致,構造
cORpus 集大成,集積,全集
conjUnction 接続詞,結合,連結,合同
cOmpetent 有能な,適格な,資格のある
resIlience 復元力,回復力,弾性
mAssive 大きくて重い,どっしりした,大きな
clUtter up 取り散らかす
clUtter 乱雑,混乱
cOnpound word 複合語,合成語
reinstAtement 復位,復帰,復職
to fasten a stIgma upon -- --に汚名を着せる
glUE のり,にかわ,接着剤
convERge 収束する
convERgence 収束,収斂,漸次収束すること
denOte 表す
production cut 減産
bAsin くぼみ,鉢,盆地
in a mAnifold manner 幾重にも重なる様
antIcipate 予期する,楽しみにして待つ
As discussed in the lecture, 授業でも議論されていたが,
In this regard, この点については
spectrOscopy 分光学
s.t. such that
dEvastating 荒廃させる,破壊的な,さんざんな
commEncement 開始,はじまり,学位授与式,卒業式
reverberAtion 反響,残響
opAque 不明瞭な,はっきりしない,不透明な
shAtter 粉砕する,打破する
tAntalize じらす,じらして苦しめる
bOvine 鈍重な,ウシのような
exclUsive 他で入手できない,唯一の,専門的な
morbIdity 不健全
pivotally 中心的に,中枢的に
hydrAtion 水和
confORmity to 準拠,適合,一致
strAtum 地層,層,階級
evangelion=good+message 福音(ふくいん),良い知らせ
commItment 責任を持った約束,必ず守るという宣言
addEndum 追加,補遺,付録
tYpo 誤植,書き間違え
instantAneous death 即死
convERge 集中する
sAlient 顕著な,目立った
instantAneous 即座の,瞬間の
prIor works 先行研究
For this reason, このため,
complemEntary 補足的な
contIguous 切れ目のない,隣接した,連続した
facIlitate 容易化する
aperiOdic 非周期の
shORtcoming 欠点,短所
6-DOF parallelogram linkage robot 6自由度平行リンクロボット
personnEl 人材,人員
accrEdited 認定された,基準合格の
fUzzy きまぐれ
pneumAtic 空気圧式
annotAtion 注釈
infrarEd 赤外線の(インフラレェーッドと発音)
shEAth さや,外筒,覆い
impLY 含意する,暗示する,意味する
bEvel 斜角の,傾斜した
deflEction それ,屈曲,たわみ
reimbURsement 払い戻し,弁償,補償
sOcio 社会学の
deplOyment 展開,配備,配置
ambIvalent 両価性の,相反する感情の,玉虫色の
discrEpancy 不一致,矛盾,食い違い
pUncture on に穴を開ける,を刺す
convERge in に集中する,収束する,収斂する
sUrrogate 代替の,代用の
compatible with と両立できる,と互換性のある
cEnsus 国勢調査,人口調査
fOci focusの複数形
come forward as a candidate for に出馬する
interlEAve 交互に扱う
rAdii radiusの複数形
impARt 分け与える,添える
chARring 炭化
oxidAtion 酸化
concEntric 同心の,同軸の
yIEld 産する,もたらす,与える
precurvature 予屈曲
hElical らせん状の
attAin 獲得する,達成する,成し遂げる
elAstic 弾性のある,伸縮自在の,しなやかな
nitinol ニチノール、形状記憶特性を有するニッケルとチタンの合金
suspEnd つるす,掛ける,中断する
char 焼け焦がす
fixture 定着物,取り付け具
mEtallurgy 冶金術(学)
fUrnace 炉,かまど
resort to ,,, 手段として○○に訴える,頼る
rebUttal 反証
metrics 評価指標
profIcient 熟練
law of cosines, cosine formula 余弦定理
mEdiate 媒介する
invOice 送り状
vEnue 開催地,会合場所
metIculously 注意深く
hilArious とても陽気な,浮かれ騒ぐ
dissEminate ばらまく,散布する,広める
ensEmble 調和のとれた一式
burr バリ
a man of (an) excellent caliber 手腕家
TAM: Total Amount Money
provIsional 暫定的な,一時の
frIdge 冷蔵個
resonAtor 共振(鳴)器(子)
sociolOgical 社会学的な
gAteway 入口,出入り口
mEtric メートル法の,計量
surrOgate 代理人,代用物
proprIEtary 独占の,専有の
a fiducial point 基準点
scrUb ごしごしこすって洗う,スクラブ
JAM: Japanese Association of Metal, Machinery, and Manufacturing Workers ものづくり産業労働組合
discretIze a differential equation 微分方程式を離散化する
stEEr 向かう,進む,操縦される
deflEction 偏向,かたより,それ
fOrmulaの複数形 formulas formulae (公)式
letter of intent 趣意書
persecUtion 迫害
delusion of persecution 被害妄想
delUsion 惑わし、欺き
exhilarAting 気分爽快な
paylOad 有効荷重
anOnymous 匿名の,詠み人知らずの,作者不明の
synOnymous 同義語の,同意語の
Ambient 周囲をとりまく,環境の
be liable for -- --に責任がある,責任を負う
precAUtion 用心,警戒
The Technology Licensing Office (TLO)
dirEctive 指導的な,支配的な,指示的な
Aperture 開口,口径
obsolEte 廃れた,旧式の,退化した
psEUdo 擬似の,にせの
bEAcon のろし,灯台
tEther つなぎなわ,限界
all / every / each の違い
http://ameblo.jp/shinzato-english/entry-11326996122.html
prEference 好み,選択,贔屓
retrIEve 取り戻す,回収する
tEthered 鎖(つなぎなわ)でつながれた
ascEnsion 昇天,上昇
incIsion 切開
vIable 実行可能な,存立できる
machine learning 機械学習
spectrOscopy 分光学
repeatabIlity 再現性
retrIEval 探索
aeronAutical 航空学の,飛行術の
stEErable 操縦可能な
lEverage 行使する,効力を発揮する
fErrous 鉄の
Outperform -より性能が優れている
sUbstrate 基板
omni-directional 全方向の
deplOy 展開できる,配置できる
instantAneous 即時の,即座の
fiducial 基準となる,事実にもとづく
errOneous 誤った
concAve 凹面の
rAId 急襲する
petrOleum 石油
mOiety 部分
amongst = among
lUmber 材木、がらくた
advErse 不運な,反対の
sUbstrate 基板
pancreAtic cancer すい臓がん
infEct 感染させる,汚染させる
transfEction ファージDNA感染,形質移入
nUclei nucleusの複数系
nUcleus 細胞核,原子核,物事の核心
osteOtomy 骨切り術
bladder infection 膀胱感染症
oncOlogy 腫瘍学
悪玉
TNF-α インスリン抵抗性惹起,血管壁の抵抗惹起,etc.
PAI-1 血栓形成促進
アンジオテンシノーゲン 血圧上昇
HBEGF 血管平滑筋の増殖
レジスチン インスリン抵抗性惹起 『registine』=『registance to insulin』
善玉
アディポネクチン 抗動脈硬化作用,抗炎症作用,インスリン感受性上昇,etc.
レプチン 食欲調節,脂肪分解亢進

organ motion 臓器運動
organ transformation 臓器変形
Unmanned Aerial Vehicle UAV
sInter 焼結,湯の花,沈殿物
fatIgue 疲労
That sounds like a plan. Let's get the ball rolling それでゆきましょう。どんどんやってゆきましょう!
buOy 浮標,ブイ
機能亢進 機能が通常の状態より高まること.言葉の意味が直観と異なる,,,
SS400 『Steel Structure 400』で,一般構造用圧延鋼材,最低引張強度400MPa≒4000atm
SUS304 Steel Use Stainless,18%Cr-8%Niの『18-8ステンレス鋼』
ポンチ絵 概略図.構想図.製図の下書きとして作成するものや,イラストや図を使って概要をまとめた企画書などのこと.語源は,英国の風刺漫画雑誌『パンチ(Punch)』からとも,あるいはこれにならって文久2年(1862)ごろに英国人ワーグマンが横浜で発刊した漫画雑誌『ジャパン‐パンチ(The Japan Punch)』からともいう.
ステム(stEm) パイプ状の部品
シース(shEAth) 電線・ケーブルなどの線心を保護するカバー 
超音波 スキャン 首ふり
スタンド・オフ プローブと皮膚の間にいれるスペーサ
mmHg Pa
1 atm = 780 mmHg = 0.1 MPa
(コラム)
血圧をはかったり、医学の世界では、mmHg(マーキュリーとよむ)が世界標準、他方、工学系ではPaが世界標準(国際単位系SI)
ロール ピッチ ヨー

○○先生御机下
○○拝

occlUsion 遮蔽

equEstrian brIdge 乗馬橋
complEte 全部揃える、完了する
shORe 岸、海岸、海に対して陸
strOll ぶらつく、散歩する、流浪する
galORe
gIzmos なんとかいうあの機械
cAvern 大きな洞窟
trOve 発見物
rEprimand 叱責(する)、譴責(する)、懲戒(する)
retrAct 引っ込める、撤回する、取り消す
sOber しらふの、地味な、落ち着きのある
SEO: Search Engine Optimization
encUmber 動きを邪魔する,妨げる
bAckpack (キャンプ用などの)背負い袋
reOrient 再配向させる
exERt prEssure 圧力を印加する
instantAneous 瞬間の,即時の,即座の
concAtinate 鎖状につなぐ
cORpora コーパス
anthropomORphic 擬人化の,擬人的な
equidIstant from - -から等距離の
exEmplary 模範となる,代表となる,典型的な
elOngate 延長する,引きのばす
dIstal 末梢の,末端の
terrAin 地域,地勢,地形
mIgrate 移住する,移動する
Onset 開始,はじまり
miscellAneous 雑多な,種々の
mAximal 最大限の,極大の
symbiOsys 共生、共存、共同生活
sIphone 吸い上げる,吸収する
propUlsion 推進力
incident shock wave 衝撃波
a vErsatile tool 多目的の,多岐にわたる
stone comminution 結石破砕
rEctify 修正する,調整する
tEnsile strength 張力
prOstate cancer 前立腺がん
complemEntary 補足的な,相補的な
demolItion 取り壊し,破壊
dismAntle 取り壊す,解体する,分解する
annotAtion 注釈
reclUsive 社会から離脱した,隠遁した.
fEmoral 大腿骨部の
deplEtion 除去,枯渇,消耗
metrOlogy 度量衡学
propUlsive 推進力のある
mUsh 犬ぞり旅行をする
metAllic 金属の
power disrUption 停電
pragmAtic 実用的な,実用主義の
prosthEsis 義肢,人工装具; 生体代行装置; プロステーシス; 生体代行機器; 人工補装具; 義肢; 人工補填物; プロテーゼ; 人工補綴物; 補綴装置; 人工関節; 人工補綴; 人工挿入物; 人工器官; 義歯; 人工骨頭; 補綴物; 補填材料; 補綴
http://ejje.weblio.jp/content/prosthesis
deplOyment 展開,配置,配備
envIsage 心に描く
intervEntion 介入治療、処置、カテーテルを用いた治療法
Ambient 周囲を取り巻く環境の
underwater 水中の
the perception of tactual or proprioceptive or gut sensations 触覚器、固有受容体を通した本能的な知覚
unintentinally 意図に反して
axisymmetric 軸対称
approximate A as B AをBと近似する
mAcroscopically マクロ的にみて,巨視的に.
viscoelastic body 粘弾性体
supposItion 仮定.推定
quantizing error 量子化誤差
right side (of an equation, expression, etc.) 右辺
discrete representation 離散表現
excrEte 排出する,排泄する
parAmeterize ○のパラメータをきめる
atrOcity 残虐行為,非道
trUncate 切り縮める,頭を切る
vice versa 逆に、反対に,逆もまた同様.‘the position being reversed' の意
Amnesty 恩赦
cUstody 保護,管理,拘留
advErsely 逆に,反対に,不利に
valkYrie ワルキューレ,Odin の侍女である武装した乙女たちの一人; 空中に馬を走らせ,戦死した英雄たちの霊をValhalla に招いたという
tAme 飼いならされた,従順な,無力な
brAce 支える,補強する,引き締める
contribute to -ing(動名詞) -に寄与する
technical problem 技術課題
technical field 技術分野
technical solution 技術的解決
expected effects 期待される効果
frequency band 周波数帯域
frequency component 周波数成分
resIlience 弾性,回復力
fidElity 忠実性
pAvement 舗装道路
coronal 冠状断の
sagital 矢状の
ventrodorsal 腹背の
pEEl 皮をむく,剥ぐ
attraction 引力
repulsion 斥力
Anchorage 停泊地,固定物(錨)
clEAve 木目にそって割く,割る
contEnd with 争う,論争する
Envoy 使節,公使
disseminAtion 種まき,普及,宣伝
indIct 告発する,起訴する
perforAtion 穴をあけること,穿孔(せんこう)
unlEAsh 束縛を解く,開放する,自由にする
mAtador 主役の闘牛士
cOUrtesy 優遇,優待,礼儀
vErge 縁,端
cUrator 館長
lagOOn 沼,池,潟
Intimate 緊密な,親密な
blIthe 陽気な,気さくな
tUrf 芝生,芝地
denAture 変性させる
occlUde ふさぐ
proclAim 宣言する,公布する
pOtent 効能のある,有力な
sIp をちびりちびり飲む
crIpple 不自由にする,無力にする
revOlt 反抗,反乱,暴動
cOrnerstone 礎
slAsh 切り下げる,削減する,ザクっと切る
dItch 溝を掘る,捨てる
permeanIlity 浸透性
inflammAtion 炎症
require A of 人 人にAを要求する
manifestAtion 兆候,現れ,しるし
Theragnostics is a treatment strategy that combines therapeutics with diagnostics.
dEficit 不足,赤字
tAriff 関税
haphAzard 偶然の,でたらめの
Exodus 外出,出国
capitulate to 屈服する,降伏する
desperAtion 自暴自棄,やけっぱち,死にもの狂い
bAckfire 逆火,向かい火,逆発
nIghtfall 夕方,日暮,たそがれ
mAkeshift 間に合わせの,当座の
defIant 反抗的な,挑戦的な
chancellor ドイツの首相,大学総長
resUmption 回復
reprEssion 鎮圧,抑制,抑圧
sedItion 扇動,治安妨害
affIliate 加入させる,提携する(with),合併させる
overthrOw 転覆する,打倒する
Interim 暫定的な,当座の
unlEAsh 解放する,感情・攻撃などを浴びせる(on)
brOtherhood 組合,兄弟分,友愛団体
Oust 追放する
rAge 憤怒,激怒
Intrigue 陰謀,策謀
excUrsion 可動域
metamorphosis = transformation = deformation 変形
convolute A with B AをBにたたみ込む
It isn't a big deal なんてことはない
parallAx 示唆
at a maximum 最大で
at a minimum 最小で
frequency band 周波数帯域
spatial resolution 空間分解能
white noise input 白色雑音入力
indistInct 不明瞭な,ぼんやりした
enActment 制定,法令,法規
rAlly 再結集する、回復する
cOrtex (大脳)皮質,皮層
nth power of a a^n
allegAtion 申し立て,主張,弁証
rEAp 収穫する,利益をおさめる
plAque 血小板,歯垢
plEad 弁論・弁解・嘆願する
lImbo 地獄の辺土,忘却され,無視された状態
so-so そこそこの
apOptotic アポトーシスの
cAche 隠し場所,貯蔵庫
expEl from 駆逐する,追い出す
plUmbe すっかり,垂直に
pArse 構文解析する
plAgiarism 盗用・剽窃
substAntial 実体的な,実質的な,かなりの
prAgmatist 実用主義者
legItimacy 合法性、妥当性、正当性
sOvereign 主権者,元首,国王
indIgnity 冷遇
concubIne 側室の
hegemOnic 覇権的な
uphEAval 隆起,大変動,動乱
dOvish ハト派的な,穏健派の
pay off 清算する,決済する,支払う

This is the dictionary , the cover of which is beautiful.
(この辞書の表紙はきれいです)

of which を使った例文ですが、whose の場合と違って cover が関係代名詞よりも前にきています。
それは of which と「of」が前にあるためです。
また、cover は whose cover のように特定されていませんので、of which の前におかれるときは「the」などの冠詞がつく場合があります。
そして、which が意味するのは先行詞である the dictionary ですので the cover of which は「辞書の表紙」という意味になります。
trEAdmill 踏み車
constrAint condIion 拘束条件
epigAstric region 上胃部,上腹部
Empathy 共感,感情移入
nebulOus 星雲状の,不明瞭の
travErse 横切る
sprawl 不規則にひろがる,よこたわる
yIEld 生み出す,もたらす,引き起こす
cybernEtics 動物と機械における制御と通信.ウィーナーによって提案された.cybernEticsは,もともと,ギリシア語で『舵を取る人』という意味をもつ造語であり,「港を目指す船は,波や風の外乱の影響をうけながらも,灯台の明かりを頼りに,舵をとってすすんでゆく』ということに由来.
pEEr 同じ専門分野の仲間
automOtive 自動推進の,自動車の
cUrricula カリキュラム(複数形)
anAlogous to -- --に類似した,相似の
nIche 最適な仕事,市場の隙間
cohErent 首尾一貫した,筋の通った
peripheral nervous system (PNS) 末梢神経
expertIse 専門技術・知識
In other words, --
The reason for this is that --
dUrable 永続性の,もちの良い
volcAnic erUptions 火山の噴火,爆発
radiothErapy 放射線療法
cerebrovAscular 脳血管性の
tuberculOsis 結核
pneumOnia 肺炎
cOlon 結腸・大腸
pAncreas すい臓
inhErent 生まれつき固有の
transfEction DNAやRNAといった,核酸を細胞内に導入すること
complIant 対応・準拠した
in a straight forward way
perfUse 灌流させる
pOtion 頓服(必要に応じて飲む薬)
concEivably 考えられるところでは, -> 想像では,
topOgraphy 地形学
ECCS: Emergency Core Cooling System
IC: Isolation Cooling System
prOactive (能動的な)<-> rEactive(受動的な)
Are you talking about --?
In regard to --
flEE, flEd, flEd 逃げる
trEAson 国家反逆罪
Can you say that --?
As you probably know --
Let me emphasize --
endOrse 裏書・支持する
lEvy 税を課する・徴収する
bAilout パラシュート脱出・財政援助
gImmick 手品の種・新手
cohEsion 結合・凝集力
take all challenges to --
We are able to achieve --
Our end goal is to come up with -- system --
The main issues, now we are facing, include that -
retrAct 機体内に引っ込ませる
lEvitate 空中に浮揚させる
composItion 構成・組成
affiliAtion 提携
reconciliAtion 和解
sUbstrate (of an integrated circuit) (集積回路の)基板
bUlky 大きい
ensEmble 調和による全体的効果
adaptは改変・修正して適合させる.adjustはカメラのフォーカスをあわせるように調節する.
proxImity 近接
misswallowing 誤嚥(ごえん).食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと.
hOarseness かすれ声,嗄声(させい)
dItto 同上
pEripherals 周辺機器
interlEave 間に差し挟む
crUcial 決定的な
hEARtbeat 心拍
critEria 基準
contradIctory 矛盾した
intImidate 脅す,萎縮させる

ロジックアナライザ: TTLロジック信号などのH/Lをみる
オシロスコープ: 信号の波形をみる

スタートアップ企業 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業。

オープンイノベーション 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み。

be meant to -〔人が〕~になるよう運命づけられている

What you are saying is true in theory. あなたの言っていることは正論です。
I'm opposed to that plan. 私はその案に反対です。
There are 3 reasons. 理由は3つございます。
With all due respect, yes. ご明察,恐れ入ります。
it remains to be seen. 結論はまだ出ていない。それはまだわからない。
For simplicity,  it is assumed that - 簡単のため,-を仮定する。
That's what the -- is(are) ! これが--だ!
The system integrates A, B, and C. システムはA, B, Cを統合する。

『the』か『a』で迷ったら?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5966842.html

aは、たくさんある中でどれでもいい、任意に取ったある一つのもの
theは、特定のもの(ああ、アレ、あの○○というようにハッキリその存在というかアイデンティティが認識できるもの、もともとthatが縮まってできた語ですから)
ですが、これと同じ考え方でいいんです。
いくつか例を挙げましょう。じっくり考えることによって、a ~ of …、the ~ of … の違いが分かるはずです。
チャールズ・ディケンズという小説家がいますが、彼の代表作に「二都物語」というのがあります。
 英語の原題は、A Tale of Two Cities です。
Two Citiesは、ここではロンドンとパリのことですが、それにまつわる「ある」物語、ということです。
A Man of Honor という本もあります。有名なマフィアのジョゼフ・ボナンノの伝記です。
 (余談ながら、彼は映画 ゴッドファーザー のモデルの一人でもあります)
これも、貧しいシチリア移民の名も無き「ある」男の成功(裏社会で、ですが)という意味が込められております。
 逆に、the ~ of … になる例を挙げましょう。アメリカがイギリスから独立したことを宣言した文書のことをアメリカ独立宣言といいますが、
これは一般的に、The declaration of Independence といいます。
 (正式な名前はもっと長ったらしい。また、大文字で始めてtheをつけない Declaration of Independence という表現もあります。大文字で始めれば、the~と同じ感覚になります)
これが何故、the ~ of … の形になるか考えてみてください。
 独立を宣言するだけなら、いろんなレベルのものがあります。「親父、俺、二十歳になったから、家を出て自活するよ」というのも独立宣言には違いないでしょう。
そうした無数に交わされるであろう独立宣言の中にあって、「あの歴史的な、アメリカ合衆国が誕生することとなったあの特別な、記念すべき」文書という意味が、このtheに込められているんです。
 他とは違う特別な物なんですよ、という感覚、これがtheの感覚です。
これは別に後ろに置かれた名刺が特定してtheを呼び込んでいるんじゃなく、例えば、declaration of Independence なら、その語全体が特別なものだからtheがつくんです。
こんな例はいっぱいありますよ。歴史的なもの、記念となるものにはたいていtheがつきます。他とはちがうんですよ、と宣言したいからです。
 自由の女神は、The Statue of Liberty ですね。(先ほどと同様、大文字で始めてtheをつけない Statue of Liberty という言い方もありです)
http://www.google.com/images?q=the+Statue+of+Lib …
ミッドウェー海戦は、The Battle of Midway です。
a ~ of …、the ~ of … の感覚、おわかりになりましたか?
 何も特別な言い方ではありません。普通に考えてください。難しく考えると英語は逃げていきます。貴方がご存知の例を使って、上記のように、何故aなの、theなのと考えることが大事です。
コツさえわかれば「なんだ、こんなことだったのか」と納得できるはずです。

(あのそのこの)
that → あの、その
this → この
https://www.englishcafe.jp/answer/and-2c.html

『あの、その、この』は『the』でまとめても大まかは意味は伝わる。ただし、時間・空間・人-物間的な距離の細かい表現力は失われる、、、

〇〇で激変していく△△社会。今後のほんの数年で、あなたの見ている日常は過去のものになっていく。

have toとhave got toの違い
have to は○○しなければならない。他方、have got to は(状況が変化して)○○しなければならなくなっている(なってしまった)。(例)時間が来てしまったので(状況が変化して)そろそろゆかなければならなくなっている(なってしまった)。have (some situation, which was (あるいは is) got,) to とsome situation, which was (あるいは is) got,と補間して考えると意味がとりやすくなる。(ある時どこかで)手に入ってしまい、変化してしまったなんらかの状況をもって(have)いる。→(状況が変化して)○○しなければならなくなっている(なってしまった)。同様にhave to も have (some situation) to とsome situationを補間して考えるとわかりやすい。○○すべきなんらかの状況をもっている。→○○しなければならない。
https://www.english-speaking.jp/difference-between-have-to-and-have-got-to/

Get to (getta) 普段できないやりたいことをやらせてもらう

I get to go on vacation today!

Got to (gotta) 本人の意思に関わらず何かをやらされている
I got to go to work today.

Get toの後には必ず良い事が続く。他方、Got to の後にはそうでないことが続く
https://iu-connect.com/mye-22/

不可算名詞の特徴と取り扱い方
http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=5865

関係代名詞と関係副詞で迷ったら関係詞のあとに欠けているのが名詞か副詞かを考える:
https://www.rarejob.com/englishpath/column/20160102-2/

選択肢の中から複数を選択可能な場合は、"Which of the following..."を用いる。
一つのみ選択可能な場合は、"Which one of the following..."を用いる。

論文の書き方
論文において,開発した手法の適用範囲について主張するとき,ある論文で,『この手法は本システムのために特別に開発されたが,ほかの多くの用途にも利用可能であると考える』という書き方があった.参考にしたい.

This method is developed for our special system. However, this method could be applied to many other applications.

The results pave the way for -- この結果は--のための道を開くものである。

電子情報通信学会の論文の書き方講座
http://linkis.com/www.ieice.org/~cs-ed/Alcqe

CNN:
http://edition.cnn.com/video/

国際会議などで使える英語表現
http://gascar-shunt.tumblr.com/post/101403819262/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AE%E8%B3%AA%E7%96%91%E5%BF%9C%E7%AD%94%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

記号・特殊文字の読み方使い方
http://xn--5rtp49colr.net/movie/mv/site1/multisearch/yt_v/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89/3gDhjk2PGrI.html

謝辞の記載例
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/01_seido/08_openaccess/index.html

【 謝辞(acknowledgment)の記載例 】
・課題番号が「15K45678」の場合
【英文】This work was supported by JSPS KAKENHI
Grant Number JP15K45678.
【和文】本研究はJSPS科研費 JP15K45678の助成を受けたものです。

本プロジェクトでは○○技術を有する強みを活かし、○○支援機器として、○○できるシステムと○○機能を有するシステムを開発し、ベンチャー企業を設立して事業化を目指す。

researchとadviceは数えられない名詞(不可算名詞)
http://www.eigo-nikki.com/article/14564143.html

○○部の集積化による小型・軽量な○○の開発

従来の○○法では見出すことができなかった新規○○の同定

証明を省略する際のスマートな書き方:
〇〇であることが(一般に)知られている。

英語にしやすい日本語:
⓵短く簡潔な日本語の文を書く
⓶主語がなんなのかわかる日本語を書く

http://ameblo.jp/maki-sakamoto1215/entry-12272858825.html?frm_src=favoritemail

隘路(あいろ)
難所

「Looking forward to」の使い方と「Look forward to」との違い
Looking forward toは友人に対して用いるカジュアルな感じ

Look forward toはビジネス相手に対して用いるフォーマルな感じ

Ain’t you = Aren’t you

That's been distinct. それははっきりしています。

proof of concept of study 可能性試験研究

〇〇に疑いの余地はない
There is no doubt as to --

約1世紀もの間、〇〇は手の届く範囲外にあるものと考えられてきた
 -- has been considered beyond reach for almost a century

「I (We) got it」:相手の言ったことを理解できた時の「分かりました」
「You got it」:相手の頼み事や依頼を承諾する時の「了解しました」
https://hapaeikaiwa.com/2014/04/24/%E3%80%8Ci-got-it%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8Cyou-got-it%E3%80%8D%E3%82%92%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%AA%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%9D%E3%81%86%EF%BC%81/

0 件のコメント:

コメントを投稿