2017年10月28日土曜日

第16回日本超音波治療研究会における研究成果発表

第16回日本超音波治療研究会(10月28-29日、北海道大学)において下記2件の研究成果発表を行ないました。座長の梅村晉一郎先生はじめ、内田豊昭先生、古澤秀実先生、木下 先生ら、日本の超音波治療のパイオニアの先生方から貴重なご助言・ご指導・ご激励をたまわり、深謝申し上げます。

木下先生とは高校3年時の予備校の数学のクラスが一緒の同級生で、24年ぶりの再会に感謝・感激でした!また、医学の立場から工学と医学を結びつけるご研究をされており、その努力と成果に感服いたしました。また、われわれにとって貴重なご助言・ご指導をたまわりました。

今後の研究に活かしてゆければと期待しております。次回の第17回日本超音波治療研究会(霞が関ビルディング35F、大会長 小路 直先生)におきましても、さらに発展した内容をご報告できればと期待しております。引き続き大変お世話になりますが、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます。

[1] 小泉憲裕, 栢菅 篤, 細井泉澄, 冨田恭平, 近藤亮祐, 西山 悠, 月原弘之, 福田浩之, 葭中 潔, 東 隆, 宮嵜英世, 小路 直, 沼田和司, 松本洋一郎, 光石 衛, 超音波治療モニタリングを支援する医デジ化コア基盤技術, S-3.

[2] 南場寛文, 川﨑元敬, 村松脩大, 池内昌彦, 大迫洋司, 小泉憲裕, 葭仲 潔, 強力集束超音波による骨膜の神経に及ぼす影響, P-5.



北海道大学大学大学院獣医学研究院 講堂前で次期大会長の小路 直先生らと記念写真

2017年10月17日火曜日

CBS2017における成果発表

2017 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2017), Beijing, Chinaにおいて成果発表をおこないました。サイボーグおよび生体システムに関する第1回の国際会議で、ポータブルな体動補償機能つき超音波診断装置の実用製品化プロジェクトに関する下記の研究成果発表をおこない、金子真先生(大阪大学)やGastone Ciuti先生らから大変有益なご助言および激励のコメントをたまわり、感謝・感激まことにありがとうございます。次回のCBS 2017(深圳、中国)においてもぜひ、さらに発展した内容をご報告できればと期待しております。

[1] Fumio Eura, Rika Aizawa, Ryosuke Kondo, Kyohei Tomita, Yu Nishiyama, Norihiro Koizumi, "Development of portable ultrasound guided physiological motion compensation device," Proc. of 2017 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2017), pp.243-247, Beijing, China, 2017.10.17-19.


質疑応答風景、右は大阪大学の金子真先生

全体記念写真