2018年6月29日金曜日

Ubiquitous Robots (UR) 2018における研究成果発表

15th International Conference on Ubiquitous Robots (UR2018, Hawaii Convention Center, Hawaii, USA)において近藤亮祐さん、今泉 飛翔さん、大塚 研秀さん、重成 佑香さんが研究成果発表を行いました。また夕食バンケットでご一緒した元同僚のDeukhee Lee先生(KIST)、Joonho Seo 先生(KIMM)らとはわれわれのプロジェクトの国際連携についての打ち合わせで話がはずみました。

われわれの研究成果発表に対して期間中には多くの有益なご助言・コメントをたまわりました。ぜひ今後の研究へと活かして行ければと期待しております。

Get the Me-DigIT ROLLING, ROLLING, and ROLLING!!!人工知能・ロボット技術の展開により医療がデジタルに再現・再構築された言わば、高度に『医デジ化』された社会の実現にむけて、、、『医デジ化』推進!!!!がんばります!!!!

引き続き大変お世話になりますが、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます。

[1] Tsubasa Imaizumi, Norihiro Koizumi, Ryosuke Kondo, Yu Nishiyama, Naoki Matsumoto, Automatic Fascia Extraction and Classification for Measurement of Muscle Layer Thickness, Proc. of 2018 15th International Conference on Ubiquitous Robots (UR2018), ThD1.1, Hawaii Convention Center, Hawai'i, USA, June 27-30, 2018.

[2] Yuka Shigenari, Norihiro Koizumi, Kyohei Tomita, Yu Nishiyama, Sunao Shoji, Method for Shape Extraction and Modeling of Prostate Contours by Using Sperellipses, Proc. of 2018 15th International Conference on Ubiquitous Robots (UR2018), ThC1.4, Hawaii Convention Center, Hawai'i, USA, June 27-30, 2018.

[3] Akihide Otsuka, Norihiro Koizumi, Izumu Hosoi, Hiroyuki Tsukihara, Yu Nishiyama, Method for Extracting Acoustic Shadows to Construct an Organ Composite Model in Ultrasound Images, Proc. of 2018 15th International Conference on,  Ubiquitous Robots (UR2018), ThG1.2, Hawaii Convention Center, Hawai'i, USA, June 27-30, 2018.

[4] Ryosuke Kondo, Norihiro Koizumi, Yu Nishiyama, Naoki Matsumoto and Kazushi Numata, Out-of-Plane Motion Detection System Using Convolutional Neural Network for US-guided Radiofrequency Ablation Therapy, ThD1.1, Proc. of 2018 15th International Conference on Ubiquitous Robots (UR2018), ThG1.4, Hawaii Convention Center, Hawai'i, USA, June 27-30, 2018.







2018年6月24日日曜日

平成30年度埼玉県新技術・製品化開発費補助金に課題採択

平成30年度埼玉県新技術・製品化開発費補助金に課題が採択されました。

平成30年度埼玉県新技術・製品化開発費補助金, 非侵襲の超音波診断・治療を支援するベッド型ロボットの開発, 代表機関:(株)大林製作所, 共同機関:ニイガタ(株), 電気通信大学, 横浜市立大学, 東京大学

平成30年度埼玉県新技術・製品化開発費補助金助成先一覧:
https://www.saitama-leading-edge-project.jp/news/archives/233

Get the Me-DigIT ROLLING, ROLLING, and ROLLING!!!人工知能・ロボット技術の展開により医療がデジタルに再現・再構築された言わば、高度に『医デジ化』された社会の実現にむけて、、、『医デジ化』推進!!!!がんばります!!!!

ひきつづき、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます!

2018年6月19日火曜日

平成30年度産学連携DAY

平成30年度産学連携DAYで研究室を公開します(東4号館6階625室,13時から17時15分まで)

https://www.uec.ac.jp/research/alliance-activity/r-day/

研究室ツアー:
(4)医療・ヘルスケア
a. 小泉(憲)研:医デジ化(Me-DigIT)、超音波診断、患部(病巣)追従
b. 水戸研:人間情報学、生理機能評価、感性情報
c. 小池研:手術ナビゲーションシステム、感覚器機能解明、バーチャル手術

2018年6月18日月曜日

三菱財団自然科学研究助成に課題採択

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成に下記の課題が採択されました。

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成, 痛みの発生機序の神経化学的解明及びこれに基づく変形性関節症・脊椎症の革新的強力集束超音波治療法の実現、研究代表者:牛田享宏, 研究分担者:葭仲 潔, 池内昌彦, 川﨑元敬, 小泉憲裕

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成 助成先一覧:
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/list/h30-natural.pdf

ひきつづき、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます!

変形性関節症・脊椎症(以下OA)の痛みは、画像上の関節症性変化と必ずしも相関しないことが痛みの治療を複雑かつ困難なものにしています。これは画像上の変化には現れない神経成長因子、神経栄養因子、ならびに神経ペプチド等も痛みの発生機序に大きく関与するためです。このため、外科的な治療のみでは痛みが満足に緩和しない場合も多くなります。

上記を踏まえて本研究課題ではまず、痛みの発生機序を神経化学的に解明を目指します。つぎにこれに基づいて高精度な集束超音波を痛みの発症維持に大きく関わっている侵害受容器に高精度照射することで痛みのコントロールを行い、たとえ関節変形があっても痛みの悪循環に陥っていない病態に戻すことができる画期的なOA治療法を実現できればと期待しております。

本研究は国民病ともいうべきOAによって著しく低下した歩行を初めとする高齢者の運動機能を大きく改善することが期待できるため、ロコモティブ・シンドロームの予防・治療にも大きく資するものです。

Get the Me-DigIT ROLLING, ROLLING, and ROLLING!!!人工知能・ロボット技術の展開により医療がデジタルに再現・再構築された言わば、高度に『医デジ化』された社会の実現にむけて、、、『医デジ化』推進!!!!がんばります!!!!

(参考文献)
 http://blsc-uec.net/wpblsc/wp-content/uploads/KawasakiForHP-BLSCseminar.pdf

2018年6月4日月曜日

ROBOMECH2018における発表

ROBOMECH2018において下記3件の研究成果発表を行いました。多くの方にご来場たまわり、貴重なご助言・ご指導・お力添えをたまわりをたまわり、感謝感激まことにありがとうございます。

[1] 今泉 飛翔, 小泉 憲裕(電気通信大学), 西山 悠(電気通信大学), 近藤 亮祐, 筋層の厚さ測定を目的とする筋膜の自動判別・分類手法: Automatic fascia extraction and classification for measurement of muscle layer thickness, 1A1-F05, ROBOMECH2018, 北九州国際コンベンションゾーン, 2018.6.4.

[2]  大塚研秀, 小泉憲裕, 細井泉澄, 西山 悠, 月原弘之, 超音波画像における臓器合成モデル構築のための音響陰影抽出法: Method for Extracting Acoustic Shadows to Construct an Organ Composite Model in Ultrasound Images,  1A1-F06, ROBOMECH2018, 北九州国際コンベンションゾーン, 2018.6.4.

[3] 重成佑香, 小泉 憲裕, 西山 悠, 小路 直, 超楕円を用いた前立腺輪郭の形状抽出・ モデリング手法に関する研究: Method for Shape Extraction and Modeling of Prostate Contours by Using Superellipses, 1A1-G01, ROBOMECH2018, 北九州国際コンベンションゾーン, 2018.6.4.

2018年6月2日土曜日

電気通信大学オープンラボにおける小泉研究室への来場御礼

本日は電気通信大学オープンラボにおいて小泉研究室へご来訪たまわり、われわれの研究をご紹介する機会をたまわり、感謝感激まことにありがとうございます。昨年の3倍以上のご来訪に研究室一同、感謝感激もうしあげます。

引き続き大変お世話になりますが、小泉研究室にご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます。