2019年11月21日木曜日

電気通信大学産学官連携センター第118回研究開発セミナー


久野美和子先生プロデュースの電気通信大学産学官連携センター第118回研究開発セミナーにおいて、桑原智隆 先生(株式会社Origami取締役・社長室 ディレクター)、小木曽公尚先生らのご講演を拝聴しました。

桑原智隆 先生は中学からの同級生で同講演においては『Society5.0による日本の成長戦略とその実行第1段階としてのキャッシュレス化の本質はデータ化とその利活用にある』というデジタル化の本質論やデジタル・トランスフォーメーション(DX)推進を軸とするデジタル化普及のための戦略論もさることながら、電通大の学生達を高く評価してくれたうえで特に『これからの時代は大企業への就職もよいが、ベンチャーであっても企業トップを目指す道も大いに電通大の学生達に薦めたい』という新しい時代の息吹を感じさせる強烈な激励応援メッセージを学生達に残してくれたこともとてもうれしかったです!将来必ずや本日聴講した学生達のなかから次世代のデジタル化リーダが生まれるものと大いに期待しております!!!!

小木曽公尚先生のご講演は暗号化制御の実用化に関するもので、無人コンビニへの応用展開も可能で、Origamiとの将来のコラボにつながれば面白いのではとおもいました!!!!デジタル化においてわれわれ、いつまでも他国の後塵を拝しているわけには参りません!!!!


桑原智隆 先生のご講演風景

桑原智隆 先生、小木曽公尚先生と記念写真(1975年生まれの同級生!)


IEEE HI-POCT'19での研究成果発表

IEEE Special Topic Conference on Healthcare Innovations and Point of Care Technologies (HI-POCT), Bethesda, Marylandにおいて佐々木雄大さん、江浦史生さんらが研究成果発表を行いました。当日賜りましたご助言・コメントを今後の研究に展開してゆければと期待しております。本研究成果発表にあたって、公益財団法人精密測定技術振興財団による海外渡航支援をたまわりました、ここに謝意を表します。

Yudai Sasaki, Fumio Eura, Kento Kobayashi, Ryosuke Kondo, Kyohei Tomita, Yu Nishiyama, Hiroyuki Tsukihara, Naoki Matsumoto, and Norihiro Koizumi, "Automatic Diagnosis by Compact Portable Ultrasound Robot : State Estimation of Internal Organs with Steady-State Kalman Filter," Proc. of 2019 IEEE Healthcare Innovations and Point of Care Technologies Conference (HI-POCT) , Paper No. 1009, Bethesda, Maryland, USA, 2019.11.20-22.

研究成果発表風景

2019年11月10日日曜日

北原フェス2019に出展しました。

病院でとことん遊ぶ! 医療と健康のテーマパーク!
11月10日開催の北原フェス2019(北原リハビリテーション病院)に出展しました。

出展風景1

出展風景2

出展風景3

2019年10月21日月曜日

日本超音波医学会第30回関東甲信越地方会学術集会における研究成果発表

日本超音波医学会第31回関東甲信越地方会学術集会(10月19-20日、ビッグサイトTFTホール)において、研究成果発表を行ないました。当日たまわりました、ご助言を今後の研究活動へと展開してゆければと期待しております。引き続き大変お世話になりますが、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます。

[1] 草原 健太, ○小泉 憲裕,近藤 亮祐,今泉 飛翔, 西山 悠,松本 直樹,小川 眞広, ResNetを用いた超音波画像における肝血管腫と血管の抽出手法,基・A 7 , 日本超音波医学会第31回関東甲信越地方会学術集会, ビッグサイトTFTホール, 2018.10.20.

2019年9月28日土曜日

第46回 超音波ドプラ・新技術研究会における研究成果発表

第46回 超音波ドプラ・新技術研究会において下記2件の研究成果発表を行ないました。沼田和司先生(横浜市大)、住野泰清先生(JCHO東京蒲田医療センター)、杉本勝俊先生(東京医大)、和久井紀貴先生(東邦大学)、麻生和信先生(旭川医科大学)、中田典生先生(東京慈恵医大)はじめ先生方、皆様方から賜りました、貴重なコメント・ご助言を今後の研究に展開してゆければと期待しております。

今泉飛翔, 小泉憲裕, 西山 悠, 松本直樹, 小川眞広, 肝硬変の自動分類のための肝実質部分の推定, 第46回 超音波ドプラ・新技術研究会, O1-5, 東医健保会館, 2019.9.28.

松本直樹, 金子真大, 熊川 まり子, 渡邉幸信, 平山みどり, 小川眞広, 森山光彦, 小泉憲裕, オプティカルフローを用いた脂肪肝のBモード動画解析の試み, 第46回 超音波ドプラ・新技術研究会, 5-5, 東医健保会館, 2019.9.28.

発表風景

2019年9月19日木曜日

CBS2019における研究成果発表

2019 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2019), Munich, Germany, 2019.9.18-20において今泉 飛翔さん、五十嵐 立樹さん、小林 賢人さんらが研究成果発表を行ないました。当日賜りましたご助言・コメントを今後の研究に展開してゆければと期待しております。本研究成果発表にあたって、公益財団法人精密測定技術振興財団による海外渡航支援をたまわりました、ここに謝意を表します。

[1] Tsubasa Imaizumi, Ryosuke Kondo, Kenta Kusahara, Yu Nishiyama, Hiroyuki Tsukihara, Naoki Matsumoto, Kazushi Numata, Norihiro Koizumi, "Deep Learning Based 3-Dimensional Liver Motion Estimation Using 2-Dimensional Ultrasound Images," Proc. of 2019 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2019), Paper No.18, Munich, Germany, 2019.9.18-20. 
 
[2] Riki Igarashi, Kyohei Tomita, Yu Nishiyama, Yuka Shigenari, Norihiro Koizumi, "Lesion Tracking Method Using CNN in Non-Invasive Ultrasound Diagnostic Treatment Integrated System," Proc. of 2019 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2019), Paper No.30, Munich, Germany, 2019.9.18-20. 

[3] Kento Kobayashi, Yudai Sasaki, Fumio Eura, Ryosuke Kondo, Kyohei Tomita, Takahiro Kobayashi, Yusuke Watanabe, Akihide Otsuka, Hiroyuki Tsukihara, Naoki Matsumoto, Kazushi Numata, Hidetoshi Nagaoka, Toshiyuki Iwai, Hideyuki Iijima, Yu Nishiyama , Norihiro Koizumi, "Development of Bed-Type Ultrasound Diagnosis and Therapeutic Robot," Proc. of 2019 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS 2019), Paper No.15, Munich, Germany, 2019.9.18-20.


発表風景1


発表風景2


発表風景3


記念写真1(With Prof. Paolo Darion and Prof. Atsushi Konno)


記念写真2

2019年9月13日金曜日

第7回JSURTにおける研究成果発表、最優秀演題賞を小路 直先生らと共同受賞

第7回泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT2019)において、小路 直先生(東海大学医学部付属病院)、重成佑香さん、五十嵐立樹さんが下記の研究成果発表を行ないました。

また、一般演題の中から優秀な演題に対して贈られる、最優秀演題賞を小路 直先生らと共同で受賞いたしました。感謝・感激まことにありがとうございます。

小路 直先生はじめ、泌尿器科および放射線科が専門の先生方から、われわれの医デジ化研究開発プロジェクトやその有用性に対する熱い激励コメントを多数賜り、感謝・感激まことにありがとうございます。

一貫してデジタルで医療を包括的にハンドリングできる、言わば超高度医デジ化社会の実現を目指して、まずはその布石となるべき研究開発をさらに加速・推進してゆければと期待しております。

当日たまわりました、ご助言・ご指導・お力添えを今後の研究に応用展開してゆければと期待しております。

[1] 小路 直, 花田いずみ, 大瀧達也, 長尾賢太郎, 清水勇樹, 川上正能, 金伯士, 新田正広, 長谷川政徳, 河村好章, 五十嵐立樹, 重成佑香, 吉澤 晋, 小泉憲裕, 梅村晋一郎, 宮嶋 哲, HIFUを用いた前立腺癌Focal Therapyにおける超音波ガイド下温度モニタリングの有用性, O4, 第7回泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT2019), 2019.9.13. 最優秀演題賞受賞

[2] 重成佑香, 小泉憲裕, 五十嵐立樹, 西山 悠, 小路 直, 画像診断支援システムをもちいた前立腺肥大症の 重症度予測の可能性, P21, 第7回泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT2019), 2019.9.14.

[3] 五十嵐立樹, 小泉憲裕, 西山 悠, 重成佑香, 小路 直, 深層学習を用いた前立腺異種画像統合の自動化に関する検討, P23, 第7回泌尿器画像診断・治療技術研究会(JSURT2019), 2019.9.14.

発表風景1
発表風景2
発表風景3