超高度に『医デジ化』された社会の実現

小泉 憲裕
(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授)

2022年6月8日水曜日

36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022)において藤林 巧さん、松山桃子さん、石川智大さん、武笠杏樹さんが研究成果発表を行いました。

36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022)において藤林 巧さん、松山桃子さん、石川智大さん、武笠杏樹さんが研究成果発表を行いました。(6月7-10日,虎ノ門ヒルズ,東京)。 

[1] M. Matsuyama, N. Koizumi, Y. Nishiyama, Y. Watanabe, J. Zhou, S. Yagasaki, T. Fujibayashi, M. Yamada, T. Ishikawa, R. Tsumura, K. Yoshinaka, N. Matsumoto, H. Tsukihara, K. Numata, A Study on Construction of Organ Coverage Avoidance Method of Acoustic Shadows for Automatic Ultrasound Diagnosis, 36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022), CAR-PO-27, 2022.

[2] T. Fujibayashi, N. Koizumi, Y. Nishiyama, Y. Watanabe, J. Zhou, M. Matsuyama, M. Yamada, R. Tsumura, K.Yoshinaka, N. Matsumoto, H. Tsukihara, K. Numata, A Study on Deep Learning for Automatic Diagnosis and Treatment Robots Automatic Diagnosis and Treatment Robot, 36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022), CAR-PO-22-00039, 2022.

[3] T. Ishikawa, N. Koizumi, Y. Nishiyama, Z. Ziayi, Y. Watanabe, T. Fujibayashi, M.Matsuyama, M. Yamada, R.Tsumura, K. Yoshinaka, H. Tsukihara, K. Numata, Construction of a 3D organ model using a robot, Visual SLAM, and deep learning, 36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022), CARS/MCA-LE36, 2022. 

[4] A. Mukasa, N. Koizumi, Y. Nishiyama, Y. Onodera, M. Matsuyama, T. Fujibayashi, S. Shoji, An automatic tumor monitoring system for robot-assisted surgery using deep learning, 36th International Congress and Exhibition on computer assisted radiology and surgery (CARS 2022), ISCAS-LE-35, 2022. 

2022年6月2日木曜日

ROBOMECH2022(6/1-4)において藤林 巧さん、松山桃子さん、山田望結さん、石川智大さん、桂木 嵐さん、武笠杏樹さん、門間 翔さん、佐野元康さんらが研究成果発表を行ないました。(場所:札幌コンベンションセンター)。

ROBOMECH2022(6/2-4)において藤林 巧さん、松山桃子さん、山田望結さん、石川智大さん、桂木 嵐さん、武笠杏樹さん、門間 翔さん、佐野元康さんらが研究成果発表を行ないました。(場所:札幌コンベンションセンター)。


[1] 石川智大、小泉憲裕、西山悠、周家禕、渡部祐介、藤林巧、松山桃子、山田望結(電通大)、月原弘之(東大)、沼田和司(横浜市立大)、葭仲潔、津村遼介(産総研)、超音波診断ロボットによるVisual SLAMおよび深層学習を援用した腎臓の三次元モデル構築、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-L04, 2022.6.2-4. 
 
[2] 佐野元康、遠藤一菜(沼津高専)、小泉憲裕(電通大)、青木悠祐(沼津高専)、プローブ走査手技データベースに基づく超音波検査教育システムの構築、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-L05, 2022.6.2-4. 

[3] 藤林巧、小泉憲裕、西山悠、渡部祐介、周家禕、松山桃子、山田望結、石川智大(電通大)、葭仲潔、津村遼介(産総研)、松本直樹(日大)、月原弘之(東大)、沼田和司(横浜市立大)、自動診断治療ロボットにおけるYOLACT++を応用したAEMAによる同一断面追従手法に関する研究、 ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-L09, 2022.6.2-4. 

[4] 武笠杏樹、小泉憲裕、西山悠、小野寺佑輔、松山桃子、藤林巧(電通大)、小路直(東海大)、前立腺癌完全切除支援のための術中癌局在ナビゲーションシステムの開発、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-L12, 2022.6.2-4. 

[5] 門間翔、小泉憲裕、西山悠、石川智大、周家禕、渡部祐介、藤林巧、松山桃子、山田望結(電通大)、津村遼介、葭仲潔(産総研)、松本直樹、小川眞広(日大)、月原弘之(東大)、沼田和司(横浜市立大)、超音波自動診断ロボットのためのVisual SLAMを援用したプローブの運動軌道の模倣システムの開発、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-M02, 2022.6.2-4.

[6] 山田望結、松山桃子、藤林巧、桂木嵐(電通大)腹部超音波診断のオートメーション化の研究 、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-M09, 2022.6.2-4.

[7] 松山桃子、小泉憲裕、西山悠、渡部祐介、周家禕、矢ケ崎詞穂、藤林巧、山田望結、石川智大(電通大)、津村遼介、葭仲潔(産総研)、松本直樹(日大)、月原弘之(東大)、沼田和司(横浜市立大)、超音波診断における音響陰影を考慮した自動プローブ操作モデルの提案、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-M11, 2022.6.2-4.

[8] 桂木嵐、小泉憲裕、西山悠、周家禕、渡部祐介、藤林巧、松山桃子、山田望結(電通大)、葭仲潔、津村遼介(産総研)、月原弘之(東京大学医学部付属病院)、沼田和司(横浜市大センター病院)、松本直樹、増崎亮太、小川眞広(日本大学医学部附属病院)、診断画像適正度評価のための深層学習を用いた臓器の検出と診断画像欠損部の同定、ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022(ROBOMECH2022), 1P1-M12, 2022.6.2-4.