2014年9月12日金曜日

IROS2014における成果発表

9月14日ー18日までシカゴのPalmer House Hiltonで開催された2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2014) において下記発表を行ないました.Medical Robots and Systems I(火曜日10:30-, Grand Ball Room)のセッションです.写真のような学会のメイン会場で研究成果を発表しました.その後の90分間のインタラクティブセッションにおいてはRussel Taylor先生, Tim Salcudean先生, 藤江正克先生,武居直行先生らにわれわれの研究・開発するNIUTSシステムについて紹介,ディスカッションする機会を得ることができ,貴重なコメント,ご助言を賜りました.この場をお借りして我々のシステムに興味をもってお越しいただいたり,貴重なご助言やコメントを賜りましたすべての方々にお礼と感謝をもうしあげます.

Norihiro Koizumi, Dongjun Lee, Joonho Seo, Hiroyuki Tsukihara, Akira Nomiya, Takashi Azuma, Kiyoshi Yoshinaka, Naohiko Sugita, Yukio Homma, Yoichiro Matsumoto, and Mamoru Mitsuishi, "A novel redundant motion control mechanism in accordance with medical diagnostic and therapeutic task functions for a NIUTS," in Proc. of 2014 IEEE/RSJ Int. Conf. Intelligent Robotics and Systems (IROS2014), TuB1.6, 2014.9.14-18, Palmer House Hilton, Chicago, USA (To be appeared). PDF (504KB)

発表の様子

2 件のコメント:

  1. 小泉先生、最近は学会における発表づいてますね。
    結構なことです。

    返信削除
  2. いつもコメントありがとうございます。
    いろいろな人とのつながりを大切に
    精力的に研究展開してゆければとおもいます。

    返信削除