2013年9月18日水曜日

第22回日本コンピュータ外科学会(2013年9月14-16日)東京大学本郷キャンパス)において下記2件の成果発表を行ないました.

小泉憲裕, 李 東俊, 月原弘之, 東 隆, 野宮 明, 葭仲 潔, 杉田直彦, 本間之夫, 松本洋一郎, 光石 衛,  "超音波画像追従におけるノイズ要因と画像の質(IQ)の評価法," 日本コンピュータ外科学会誌, Vol.15, No.2, pp.116-117, 東京大学本郷キャンパス, 東京.

(概要)超音波画像追従を行なううえで,超音波画像の質を劣化させるノイズ要因を7つに分類し,これを評価する指標を提案し,その有効性を確認した.本指標により,患部の抽出・追従・モニタリングが適切になされているかどうかをシステム側で把握することができ,これに応じた適応的な制御等が可能になる.

小泉憲裕, 板垣雄太郎, 李 東俊, 月原弘之, 東 隆, 野宮 明, 葭仲 潔, 杉田直彦, 本間之夫, 松本洋一郎, 光石 衛,  "肋骨による音響シャドウと呼吸による体動を有する腎臓ファントム・モデルの構築," 日本コンピュータ外科学会誌, Vol.15, No.2, pp.228-229, 2013.9.14-16, 東京大学本郷キャンパス, 東京.

(概要)超音波画像追従を行なううえで,超音波画像の質を劣化させるノイズ要因のひとつとして,肋骨による音響シャドウがあげられる.このノイズ要因下での追従性能のロバスト性を向上するために,その評価系を適切に構築することが求められている.
そこで,本報では,実際のヒトの腎臓と同様の幾何学的特性・音響特性・運動特性を有する腎臓ファントム・モデルを構築し,超音波画像上でその有効性を評価した.

本学会の発表では,発表に関する利益相反(Conflict of Interest:COI)の有無を表明することがもとめられていました.

利益相反(Conflict of Interest:COI):
利益相反とは,外部との経済的な利益関係により公的研究で必要とされる『公正』かつ『適正』な判断が損なわれる,または損なわれるのではないかと第三者から懸念が表明されかねない事態のことを言います.
利益相反は程度の差こそあれ必ず存在するものです.利益相反があること事態が問題なのではなく,それにより研究の倫理性および科学性が揺るがないことが大切です.そのため,利益相反に関しても個人で管理するのではなく,第三者が研究の倫理性および科学性を審査し担保する体制が必要です.
http://www.kitasato-u.ac.jp/hokken-hp/chiken/REC/kenkyu_sub5.htm


質疑応答は下記のとおり
(Q)誤差のばらつきを利用した評価指標と画像相関を利用した評価指標の関係はどうなっているか?(東大・中島先生)
(A)2つの評価指標は独立の指標となっている.それぞれのノイズ要因に対応した適切な評価指標が求められている.
(Q) 面外の運動による追従はどのように行っているか?(東大・中島先生)
(A)今回の発表では説明しなかったが,実際には2つのプローブを利用して患部の3次元的な運動を検出できるようなプローブ配置となっている.

Q.今から開発しようとするシステムは
体軸方向の運動ではなく,肋間での動きを有するものなのか
A.そうです。
Q.今のファントムで追従実験は行なったのか。
A.はい。
Q.その誤差はいくつなのか。
A.1.78mmです。
Q.それはヒトの場合と比べると少ないのではないか。
その理由とは。
この違いによる問題はないのか。
A.ヒトの周りの筋肉や脂肪、血管などがあります。
ファントムの場合それがないので比較的にきれいに見えて
その分誤差が少ないと思われます。
今回のファントムモデルの場合
新しい手法の評価のため
超音波画像上で同様な肋骨シャドウと腎臓の動きが必要だったため
追従誤差の違いは大きな問題にはなりません。

2 件のコメント:

  1. 財団の中原です。

    超音波画像で、人間の体の中をまるで手に取るように知ることができるということは素晴らしいことですね。世の中どんどん進化しているなあ~と思います。先生の研究はさらにその進化を上げるものであり、おおいに期待します。

    それにしても、レントゲンの画像を見ていろいろ診断される先生方には、いつも感心させられます。臓器の周りの何となくもやもやとしたある部分を指さして、あれこれ説明されるのですが、我々が見ても判別できないような画像を見て異常を発見するあの能力というか訓練の成果なのでしょうけど、大したものだと思います。

    でも、時々、見まちがうことってあるんですよね~。小生の長男が生まれる4日前、画像を見ながら、先生曰く『男の子ならここにアレがあるんですよね~。どう見てもないですね~』。さて、それを聞いた私は、帰りに早速本屋に直行、夕食前には、女の子の名前を27~30個近く書き出していました。
    ところが実際は男の子。頭の中ではかわいい服を着せて幼稚園に送り迎えする自分を想像していたものですから、『え~ッ、うそでしょ~』と先生に言った覚えがあります。確認したらちゃんとついてました。それも、『なんでこれが映らなかったの?』と言いたくなるような立派なものが。。

    時は移り、今その長男が父親になろうとしています。お腹の中の子供の写真のなんと鮮明なこと、びっくりですよ。目鼻立ちまでしっかりわかります。微笑んでいるかのような様子もわかります。そして、今度こそ間違いありません。女の子です。それも美人!
    『その子に、言ってます。お願いだから、お父さんのようにビックリさせないでね。ちゃんと美人で生まれて来てね~』と。

    変な話で茶化してごめんなさい。ふと、思い出したものですから。。

    返信削除
  2. いつも,コメントをいただきまことにありがとうございます!励みになっています.

    ご長男の件,心あたたまるエピソードですね!
    美人な女の子の安産を祈願しております!

    近年の,ご指摘のように,医療技術の進化には目が見張るものがあります.ご長男のお子様が親になるころには,がんや結石が安全・安心に治療できる世の中になっているに違いありません!

    そのために,微力ながら,毎日すこしづつ研究を積み重ねてゆければと期待しております!

    返信削除