超高度に『医デジ化』された社会の実現

小泉 憲裕
(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授)

2021年7月28日水曜日

JST大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型>に採択

JST大学発新産業創出プログラム<社会還元加速プログラム(SCORE)チーム推進型>に下記の課題が採択されました。本支援のもと医療のデジタル化の社会実装をさらに加速・推進してゆければと期待しております。

引き続き大変お世話になりますが、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます。

採択課題:次世代型超音波生体モニタ リング技術の事業化

内容:人工知能技術およびロボット技術を応用し、既存の超音波診断装置に付加するだけで誰もが簡便に運動する臓器内 の患部を自動抽出・追従・モニタリン グできる次世代型超音波生体モニタリング装置の事業化検証を行う。  

プレスリリース:

 https://www.jst.go.jp/pr/info/info1516/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿