超高度に『医デジ化』された社会の実現

小泉 憲裕
(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授)

2020年2月20日木曜日

International Journal of Hyperthermia (IJH)誌に共著論文が掲載されました

International Journal of Hyperthermia (IJH)誌に造影超音波と融合画像を援用したRFA治療に関する三箇 克幸先生、沼田和司先生(横浜市大センター病院)らとの共著論文が掲載されました。

Katsuyuki Sanga, Kazushi Numata, Hiromi Nihonmatsu, Katsuaki Ogushi, Hiroyuki Fukuda, Makoto Chuma, Hiroshi Hashimoto, Norihiro Koizumi, Shin Maeda, Use of intra-procedural fusion imaging combining contrast-enhanced ultrasound using a perflubutane-based contrast agent and auto sweep three-dimensional ultrasound for guiding radiofrequency ablation and evaluating its efficacy in patients with hepatocellular carcinoma, International Journal of Hyperthermia, Vol.37, No.1, pp.202-211, 2020. IF=3.6, https://doi.org/10.1080/02656736.2020.1729422. 

0 件のコメント:

コメントを投稿