2018年12月14日金曜日

カケハシ・プロジェクト(米国への大学生派遣事業)

カケハシ・プロジェクト(米国への大学生派遣事業)で米国サンフランシスコの教育機関(George Washington Highschool・San Jose State University)、シリコンバレーの企業(LIQUID ROBOTICS)を訪問しました。

シリコンバレーのど真ん中でがんばっておられるベンチャー企業を目の当たりにして、、、やはり興奮しました、、、創業者のRoger Hine氏に起業のモチベーションをお聞きしたところ、

『(なぜ、そんなことを聞くんだ!?)知的好奇心から(にきまっているじゃないか!:意訳)。まずは地球や生物のことを知りたいという気持ち(知的好奇心)』こそが一番の動機 とおっしゃっておりました。 

そのあと付け加えるように、『あとは、すこしはお金も、、、(笑)

『数学の本質はまさに(知的好奇心に基づく)その発想の自由さにこそある!』とGeorg Cantorが言直(げんちょく)したように、人生においても研究においても何よりもまず、自分自身の知的好奇心に付き随(したが)うことこそが中長期的にみて内実がぎっしりと詰まった真実の人生につながってゆくように思われます、、、

そうしてそれを促(うなが)し、強力にバックアップする仕組みこそがシリコンバレーのイノベーション体質の源泉なのだと感ぜられました。我が国においてもマハティール首相の『Look East』政策のように、シリコンバレーのイノベーション体質を見習い、これを根付かせてゆく、言わば『Look Silicon Valley !!!!』の努力・心意気が必要かと思われます。




San Jose State Universityにおける訪問記念写真



LIQUID ROBOTICS社における訪問記念写真
LIQUID ROBOTICS社創業者のRoger Hine氏

0 件のコメント:

コメントを投稿