2018年6月18日月曜日

三菱財団自然科学研究助成に課題採択

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成に下記の課題が採択されました。

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成, 痛みの発生機序の神経化学的解明及びこれに基づく変形性関節症・脊椎症の革新的強力集束超音波治療法の実現、研究代表者:牛田享宏, 研究分担者:葭仲 潔, 池内昌彦, 川﨑元敬, 小泉憲裕

第49回(平成30年度)三菱財団自然科学研究助成 助成先一覧:
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/support/list/h30-natural.pdf

ひきつづき、ご助言・ご指導・お力添えをたまわりますよう、どうぞよろしくお願いもうしあげます!

変形性関節症・脊椎症(以下OA)の痛みは、画像上の関節症性変化と必ずしも相関しないことが痛みの治療を複雑かつ困難なものにしています。これは画像上の変化には現れない神経成長因子、神経栄養因子、ならびに神経ペプチド等も痛みの発生機序に大きく関与するためです。このため、外科的な治療のみでは痛みが満足に緩和しない場合も多くなります。

上記を踏まえて本研究課題ではまず、痛みの発生機序を神経化学的に解明を目指します。つぎにこれに基づいて高精度な集束超音波を痛みの発症維持に大きく関わっている侵害受容器に高精度照射することで痛みのコントロールを行い、たとえ関節変形があっても痛みの悪循環に陥っていない病態に戻すことができる画期的なOA治療法を実現できればと期待しております。

本研究は国民病ともいうべきOAによって著しく低下した歩行を初めとする高齢者の運動機能を大きく改善することが期待できるため、ロコモティブ・シンドロームの予防・治療にも大きく資するものです。

Get the Me-DigIT ROLLING, ROLLING, and ROLLING!!!人工知能・ロボット技術の展開により医療がデジタルに再現・再構築された言わば、高度に『医デジ化』された社会の実現にむけて、、、『医デジ化』推進!!!!がんばります!!!!

(参考文献)
 http://blsc-uec.net/wpblsc/wp-content/uploads/KawasakiForHP-BLSCseminar.pdf

0 件のコメント:

コメントを投稿