2017年6月30日金曜日

URAI 2017における成果発表

The 14th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2017, Jeju, Korea) のNon-Invasive Medical Systems(体表を傷つけない、これまでにない画期的な診断・治療システムの開発)のセッションで下記2件の成果発表をおこないました。

血管造影画像から特徴点を見出して、変形しても患部を精確に抽出・追従したり、低/非侵襲診断・治療において、患部に追従・モニタリングして正常組織へのダメージを最小限に抑えたり、インターネットという、遠隔操作にとってはノイズの多いきわめて困難な通信ネットワーク環境下においても、ノイズにつよくて精確な診断・治療を可能にする技術が、きわめて有用かつ実用的なレベルで開発されつつあることがわかった、とっても刺激的な、心躍るセッションでした。

座長のDeukhee Lee先生(KIST)はじめ、フロアからも、Joonho Seo先生(KIMM)ほか、多くの有益なご助言・ご指導・お力添えをたまわり、この場をお借りしてお礼もうしあげます。次回のURAI 2018 in Hawaiiでの再会を今から心待ちにしております。
[1] Ryosuke Kondo, Norihiro Koizumi, Kyohei Tomita, Yu Nishiyama, Hidenori Sakanashi, Hiroyuki Fukuda, Hiroyuki Tsukihara, Kazushi Numata, Mamoru Mitusishi, Yoichiro Matsumoto, An automatic templates selection method for ultrasound guided tumor tracking, Proc. of 2017 14th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2017), pp.587-588, Jeju, Korea, 2017.6.30.PDF
[2] Kyohei Tomita, Norihiro Koizumi, Atsushi Kayasuga, Yu Nishiyama, Hiroyuki Tsukihara, Hideyo Miyazaki, Kiyoshi Yoshinaka, Mamoru Mitsuishi, A study for tracking focal lesions in non-invasive ultrasound theragnostic system, Proc. of 2017 14th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI 2017), pp.589-591, Jeju, Korea, 2017.6.30.PDF

Non-Invasive Medical Systemsのセッション終了後の記念写真その1

Non-Invasive Medical Systemsのセッション終了後の記念写真その2


0 件のコメント:

コメントを投稿