2017年6月17日土曜日

医デジ化と特許

『医デジ化と特許』と題して、電通大の社会人学生さんで弁理士の坂元辰哉先生と加藤智恵先生にご講演たまわりました。この場をお借りしてお礼もうしあげます。大変勉強になりました!議論が沸騰してなかなか前にすすまず、90分のご講演では全く時間が足りませんでした、、、ひきつづきぜひ、秋ごろに第2弾を開催できればとおもいますので、どうぞよろしくお願いもうしあげます!
南極や月など、どこの国でもないところで製品を作って売る分には、特許侵害のことを考えなくてよいの!?商標登録で(TM)と(R)の違いとは!?、法の解釈には幅があり、時代や運用する人に依存することなど、目からうろこの内容の連続でした!

講演後の記念写真

0 件のコメント:

コメントを投稿