超高度に『医デジ化』された社会の実現

小泉 憲裕
(電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授)

2019年9月6日金曜日

第37回日本ロボット学会 学術講演会における研究成果発表

第37回日本ロボット学会 学術講演会(早稲田大学早稲田キャンパス, 東京都新宿区)において佐々木雄大さん、小林賢人さんが研究成果発表を行いました。

[1] 小林賢人, 佐々木雄大, 江浦史生, 近藤亮佑, 冨田恭平, 小林賢大, 渡部祐介, 大塚研秀, 月原弘之, 松本直樹, 沼田和司, 永岡英敏, 岩井敏行, 飯島秀幸, 小泉憲裕, ベッド型超音波診断・治療ロボット装置の開発, 3M3-02, 第37回日本ロボット学会 学術講演会, 2019.09.06, 早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区).

[2] 佐々木雄大, 江浦史生, 小林賢人, 近藤亮祐, 冨田恭平, 西山 悠, 小泉憲裕, 月原弘之, 松本直樹, 小型超音波ロボットの自動診断化のための臓器の状態推定手法, 3M3-05, 第37回日本ロボット学会 学術講演会, 2019.09.06, 早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区).

発表風景

0 件のコメント:

コメントを投稿